ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

オズの虹の国

今日のお話はこちら


d0116262_2237304.jpg

                  「オズの虹の国」  ライマン・フランク・ボーム
                     訳 佐藤高子 / カバー・挿絵 新井苑子
                            1975年  早川書房

                 

「人生にとって大切なことは すべて子どもの本に書いてある」
    ・・・誰の言葉か忘れたが、そんな言葉を昔、読んだことがある。


「オズの魔法使い」のことは、たいていの人が知っていると思うけど、
「オズ」に全部で14冊のシリーズがあることを知っている人は、あまり多くはないみたい。

「オズの虹の国」はその第2作目。
作者のボームが、子どもたちの「お話の続きを!」という声に答えて世に出した、シリーズの始まりの1冊。

奇天烈な住人ばかりが住んでいる、「オズ」の国。この本の登場人物も、
それはそれは、絶対に期待を裏切らない。

中でも私が一番好きなのは、いつもニカニカ笑った顔の「かぼちゃ頭のジャック」。

d0116262_1847264.jpg


だけど笑顔とは裏腹に、ジャックの心は、いつでも心配ごとでいっぱいなんだ。
僕の頭が腐ってしまう、ああ僕の命は短い・・・と、口を開けばそればかり。

今はもう、「オズ」の国にはインチキ大魔法使いの「オズ」はいない。
だれがジャックの悩みを解決してくれるのだろう?

この本を何度目かに読んだ時、
私はブリキのニックがジャックに向かって言った言葉に、ハッと目が覚めた。
「よろしいか、きょうの太陽をあすの雨でくもらせてはいけませんぞ。」

d0116262_1985792.jpg


私は難しい大人の本は読めない。
だっていつまでも、いつまでも、大人になんかならないんだもん。
「人生にとって大切なことは すべて子どもの本に書いてある」んだもん。
[PR]
by haruno-urarano | 2009-11-26 22:36 | おはなし