ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

くぎのスープ

今日の絵本はこちら

d0116262_851790.jpg

                          「くぎのスープ」 スウェーデン民話
                菱木晃子・文/スズキコージ・絵 2009年 フェリシモ出版






これはキャロラインから初めて聞かせてもらったお話。

自信はないけど、多分そう。

キャロライン母さんが暖炉の前で、いかにもいい香りだという顔で話をするのを、
メアリーは目をキラキラさせながら、ローラは唾をゴックンと飲み込みながら、
そして私はTVの前で、夢中になって聞いていた。

そう、大好きだった、「大草原の小さな家」のこと。

そのお話が、コージズキンの絵本になった!すぐ買った!

そうそう、やっぱりあの話。
「くぎ」1本だけで王様に出しても恥ずかしくないスープが出来ちゃうあの話!

子どもの頃は、おもしろいと思っただけだったけど、
今は色んなことを考える。

おばあさんはケチで愚かだったけど、単純に騙されるのも、案外幸せかもね。
いつまでも、このトリックに気づかないのかな?
旅人は、こいつはもしや、プロのペテン師ってやつ?
行く先々で、「くぎのスープ」をご披露しているのかな?

だとしたら、
いつか私の所へ来てちょうだい!
私は絶対騙されないぞ!
でもね、
騙されたフリはしてあげる。
だって飲みたいもん!
王様に出しても恥ずかしくない、「くぎのスープ」。
[PR]
by haruno-urarano | 2009-12-20 08:52 | 日本の絵本