ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

そうべえごくらくへゆく

今日の絵本はこちら

d0116262_2247578.jpg

                  「そうべえごくらくへゆく」  作・たじまゆきひこ
                           1989年 童心社
 
 

毎度お待たせ。「あの世三部作」、最終回の第三部は、敗者復活戦だよ!



死んだら目出度く極楽へ行くか、それともおっかねえ地獄へ落ちるかって?


んなこた死ななきゃわかんなねぇな。
生きてるうちからんなこたグダグダ心配してたら、人間なんざやってらんねぇや。
地獄だろうがなんだろうが、どこだって行ってやるさ!



・・・とかなんとか言ってさ、ホントは極楽に行く自信がないだけさ。



でもね。地獄に落ちても、それで諦めちゃ~いけないよ!
地獄と極楽って、実は隣り合わせになってるんだ。
ちょっと工夫をすれば、極楽への扉が開きそうだよ!



例えば。軽業師のそうべえさん。
それと山伏のふっかいさん、それに医者のちくあん先生。
お3人、あるとき一緒に死にまして、そろいもそろって地獄へいったとさ。



生きてるときに、どんな悪さをしたのかね?
閻魔さんの審判で、「ふんにょう地獄」行きが決まってしもた!
それもちょうど、集団食中毒でお腹を壊して死んできた者たちが、
ぴちぴち、ぴちぴち・・・・・と。うわあ・・・これはたまりませんわ。



芸は身を助く、なんて、娑婆にはそんな言葉があるけれど、
どうやらこれは、あの世にも通用するらしいよ。
まずは山伏のふっかいさんが出てきたよ。
生きてるときは、いんちきなまじないをして、悪いこともしたらしいが、
ちゃんとお山へ籠もって、修行もしたんだね。
ほら、なむ・・・・なむ・・・・と唱えたら・・・



おっとここで、閻魔さん。この人、せっかちでねぇ、
「なにをごじゃごじゃ言うとるか。はよう入れぇ!」
と、3人を小突いたら、
あらまあ、どっぽん、ちゃっぷーーん。
閻魔さんも一緒にはまってしもた、ふんにょう地獄。
でもここで、ふっかいさんのまじないが効いてしまったから大変だわい。
うんこ、がちがちに固まってしもた。板みたいになったぜよ。
あああ。閻魔さんまで、うんこの板に挟まって抜けられない。
せっかちはいかんね、閻魔さん。よく勉強し。



閻魔大王さまがふんにょうにはまってたら、仕事んなんないわ。
まじないを解いてもらわんとな。
でもタダで解くわけにゃいかんよな。
地獄の沙汰も金次第、って、娑婆だって言うもんね。
お3人、金はいらんが、極楽に連れてってもらったよ!


d0116262_23351831.jpg



おお!みごと極楽へ行って、これでめでたしめでたし!
・・・いやいや、話はまだまだ続くよ。
だってまだ、山伏のふっかいさんの芸しか出てないでしょ?
これから3人、大騒ぎして極楽の掟を破り、
阿弥陀さんに牢屋に入れられてしまうのさ。
「あしたには地獄送りじゃ」だってさ!
仏の顔も三度までって、極楽じゃ通用しなそうだね。



さあさあさあ・・・お3人さん、どうするどうする?
まさかおとなしく、地獄へ戻るなんて・・・んなこたないねぇ。
そうそうもう一人。牢屋の中でお仲間が増えて、お4人さんになりやした。
さてさてどんな技が飛び出すか。
そして最後は・・・あれー?ここは極楽?それとも・・・?


地獄を恐れる暇があったら、芸を磨こう!修行じゃ修行!
[PR]
by haruno-urarano | 2010-09-23 22:48 | 日本の絵本