ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

あたごの浦

新年やさかい いかにもおめでたそ~うな 

こんな絵本から はじめてみたい 思いますねん。

d0116262_14163530.jpg





今日の絵本はこちら

d0116262_18153385.jpg

                        「あたごの浦 讃岐のおはなし」
                     脇 和子・脇 明子 再話/大道あや・画
                           1993年 福音館書店




前はとんとんあったんやと。
ある、お月さんのきれいな晩のことや。
あたごの浦に、波がざざーっと、
よせてはかえし、よせてはかえし、
砂浜は、明るいお月さんに照らされて、キラキラ、キラキラと、
光っりょったんやと。



・・・と、こないな語り口ではじまりますねん。
讃岐の言葉は、わてようわかりまへんけんど、
適当に声に出して読んでるだけでも、
とーってもええ気持ちになりますねん。
自分で読んでも、こないにええ気持ちなんやから、
人に読んでもらえたら、そらーきっと、ごっつええ気持ちやろうなあ。



そしたらそこへ、おーけなおたこが、お月さんの光にうかれて、
ゆらーり、ゆらーりと浮いてきて、砂浜へあがったんやと。




ただのたことは違いますねん。おーけな、おたこですねん。
そのおたこがな、なんと畑のおなすびをな、ムシャムシャと食べたしたんやと。
するとそこへな、鯛まで浜へあがってきますねん。



「こらこら、おたこ、おまえはそこで、なにをしよんや」

「へえ、おなすびをちぎって、食べよります」

「そうか。それもええけど、今晩は、お月さんがきれいなけん、
ひとつ、魚どもを集めて、演芸会でもせんか」




ほんでな、あっちからもこっちからも、魚がぎょうさん集まってきてな、
そりゃもう、にぎやかな演芸会がはじまったんやと。

しばらく歌うたり、踊ったりした後にな、また鯛さんが言うたんやと。



「なあ、みんな。ここいらで、ひとつ、とっときのかくし芸を、見せることにせんか」



かくし芸とはまあ、そりゃお正月らしくてええですねん。
魚たちも大喜びでな、、「まず、鯛さんから」って言うたんやと。
そこで鯛は、とっときの芸を見せたんやけどな、
これがまあ、おめでたいのなんのって、さすがは鯛だけのことはありますねん。
「これどうじゃ」
みんな感心してな、



「妙々々々々々」と、はやしたてたんやと。


ほな、みなさんもご一緒に。
「みょう みょう みょう みょう みょう みょう」



鯛の次は、ふぐや。
「これどうじゃ」
「みょう みょう みょう みょう みょう みょう」


お次はおたこ。
「これどうじゃ」
「みょう みょう みょう みょう みょう みょう」



いやいや、魚たちの芸達者なこと、おどろきますねん。
まったり、めでたい、あたごの浦の演芸会。


今年も、このおはなしのように、
のんびり、ぼちぼち、まいりまひょ。
[PR]
by haruno-urarano | 2011-01-07 14:20 | 日本の絵本