ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

生誕100年 南桂子展

たまには更新してみます。
でも絵本じゃないの。
あまりに寒くて散歩にも行く気にならないので
ちょっと美術館まで行ってきました。

d0116262_18524027.jpg


昨年から全国巡回していた銅版画家・南桂子(1911-2004年)の生誕100年展、
最終会場の館林美術館で、桜の咲くころまで開催中。

なんとなく、春らしい陽気の中で見る方がいいなと思って、
少し暖かくなってから出かけようと思っていたけど、
この寒さにすっかり引きこもりがちになり、えい行ってしまえ!と出かけてみた。

よかったよ。

だって美術館の中はこの通り温室のようで、あったかかった。

d0116262_1932130.jpg



今まで本の装丁でしか作品を見たことがなかったけど、
版画の実物は欲しくなるほど好きだと思った。

どこかを見つめて唇をギュっとかみしめる、いつも無表情の少女も好きだけど、
木や鳥や魚の絵は、もっと好きだな。

d0116262_19103311.jpg



壺井栄に師事して童話を学んだそうで、会場には童話や詩の作品も展示されていた。

谷川俊太郎の「うつむく青年」の初版の装丁をしていたとは知らなかった!
自分の持っているのはこれだけど、
初版は こんな表紙だったんだよ!
欲しいな・・・古本で1800円か・・・買っちゃおうかな!

展覧会の画集は、うんと迷って買うのをやめた。
だってツルツルの紙じゃ、実際の版画の柔らかさが全然再現されてないんだもん。
版画が欲しいと思うけど・・・飾るところがないよなぁ~。
[PR]
by haruno-urarano | 2012-01-29 19:03