ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

遠い日の風景から 

今日の画集はこちら

d0116262_9303974.jpg

                 藤城清治メロディーブック「遠い日の風景から」 
                    絵と文・藤城清治 昭和59年 講談社


この本を買ったのも
もうずいぶん「遠い日」のことになってしまったような気がする。
当時「銀河鉄道の夜」で藤城清治さんの大ファンになり、
藤城さんの本を好んで買っていた。

「メロディーブック」とある通り
この画集は表紙の次ページにオルゴールチップが埋め込まれていて、
表紙を開くと光に反応して「マイウェイ」が流れる仕掛けになっていた。

d0116262_9425631.jpg


当時の「最新型」オルゴールチップ使用ですよ。

d0116262_946217.jpg


奥付のページには
電池の寿命は約120時間、曲の演奏は約2万回
と書いてあるけれど
たぶん数十時間、数百回も聞かないうちに
オルゴールはうんともすんとも言わなくなってしまったような気がした。

d0116262_10123666.jpg


画集の出版から約30年の月日が流れた。
藤城清治さんは今年の4月17日で89歳になる。

4月26日、那須高原に藤城清治美術館がオープンします(誕生日じゃないのがちょっと残念)。

20年前、昇仙峡ではじめて藤城さんの本物の影絵を見たときの感激と感動は
今でも鮮明に覚えている。
昇仙峡にまた行きたいとずっと思っていたが、なかなかチャンスが訪れない。
那須高原ならちょっとは近い。是非行ってみようと思う。


那須高原藤城清治美術館→HM
[PR]
by haruno-urarano | 2013-04-14 09:46 |