ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

おおきな ものの すきな おうさま

今日の絵本はこちら。
d0116262_10425363.jpg


「おおきな ものの 
  すきな おうさま」
      
  安野光雅
 1976年 講談社







むかしあるところに、大きなものの好きな王さまがいました。

どのくらい好きかって?そりゃあもう、
屋根より高いベッドで眠るし、
プールのような洗面器で顔を洗うくらい。

ステキなアイディアを思いつく度に、
家来に命じて大きなものを作らせます。

100年かかっても食べきれないほど大きなチョコレートでしょ、
小さな虫歯を抜くための、それはそれは大きなくぎ抜きでしょ、
そのくぎ抜きで作らせた、
隙間から小鳥が全部逃げてしまうような鳥かごでしょ・・・。

王さまったら泣き虫でね、
自分の思った通りにならないと、すぐに
「えーん えーん」 
とお泣きになるの。
だからご家来たちも大変よ。
池にくじらを運んで来たことだってあるんだから。

そんな王さまが、
大きな大きな植木鉢を作らせました。
赤いチューリップの球根をひとつ、植えました。

まいにち、まいにち、
大きな大きなチューリップの花が咲くのを
それはそれは楽しみに待っている
王さまなのです。

やっと春になりました・・・

安野さんの絵本は、
「あとがき」が、中味と同じくらい、大好きです。
[PR]
by haruno-urarano | 2007-05-08 11:10 | 日本の絵本