ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

せかいのはてって どこですか?

今日の絵本はこちら。

d0116262_12495022.jpg



 「せかいのはてって どこですか?」
  文/アルビン・トゥレッセルト
  絵/ロジャー・デュボアザン
  訳/三木 卓
  1995年 童話館出版










「世界の果てってどこ・・・?」
表紙のカエルの表情も、この題名も
何やらニヒルな哲学者の匂いがする・・・

「井の中の蛙」は、ひとりぼっちでも十分にしあわせに暮らしていた。

だって「井の中」は とても素敵なんだよ。
透きとおった水があって、青空の天井があって、
夜にはお月さんが ウインクしてくれる。
マヌケな虫が 井戸の中に飛び込んでくれるから、
ご馳走だって食べ放題さ。

だからカエルにとって
ここが世界、世界の全てさ。

でもある時、井戸の水が枯れてしまった。
飛び込んで来てくれる虫も いなくなった。

私なら、お腹が減って外に出ただろう。
でもカエルは、哲学者だった。
 
  「まだ はねる力のあるうちに
     せかいのはてを 見ておいた方がいい」

世界の果て、つまり井戸の外にやって来た。

じゃあカエルはもう、世界の果てを見たかって?

牛に出会った。牛に聞いた。
「きみは せかいのはての いきものかい?」
牛は言った。
「とんでもない。ここはせかいよ」

鳥に出会った。鳥は言った。
「せかいのはては りくのおわるところさ。とてもとおい」

鹿やキツネやリスや熊たちに聞いた。
「このもりが とてもすばらしい せかいだ」

世界はどんどん面白くなる。
カエルはもっと 見たくなった。

そのとき 雨が落ちてきて
たくさんの カエル達の鳴き声を聞いた。

カエルは自分の井戸を思った。
雨が降ったから、井戸の水もいっぱいになったはずだ。

でも たくさんのカエルたちの
美しい合唱が聞こえてくる。

カエルは 強く飛び跳ねた。
今までで 一番大きく 飛び跳ねた・・・。

d0116262_1322076.jpg

世界の果てって どこだろう?そもそも世界って どこだ?
裏表紙の絵を見て
「井の中の蛙」もしあわせそうだと思う私は
ただの「満足したブタ」なのだろうか・・・
[PR]
by haruno-urarano | 2007-07-15 13:54 | 翻訳絵本