ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

きつねがひろった イソップものがたり Ⅰ

今日の絵本はこちら。
d0116262_18441962.jpg

                  「きつねがひろった イソップものがたり Ⅰ」
                       安野光雅 1987年 岩波書店


この絵本は
コン君というきつねの子が、森のはずれで拾ったものです。
なんだか面白そうなので、
とうさんに見せようと思って、持って帰りました。
とうさんは、これは「本」というもので、人間が読むのだと教えてくれました。

「じゃあ、読んでおくれよ」

と、コン君が言うと、今は眠いからダメ!と、とうさんは言いました。
でもコン君が、しきりにせがむので、とうさんは仕方なく、
いかにも眠そうに、口の中でモグモグ言ったあと、
ようやく読んでくれたのです・・・・

(「よくばりイヌ」のお話)

「イヌがいました」と書いてある・・・・
見てごらん、ちゃーんと肉を見つけてきた。
d0116262_18582791.jpg

あ、思い出したぞ。

水に映ってる自分を、ほかのイヌかと思って、
そのイヌの肉も欲しがって吠えた。
だから
くわえていた肉をポチャンと落としてしまったんだ。
で、よーく見ると・・・
d0116262_1901912.jpg

「ざまーみろ、おまえの肉もなくなったか、と言いました」
というお話だ。


・・・さてさて、どんなイソップの教訓が出てくるか。
可笑しくてホロリとさせる、
「きつねがひろった シリーズ」
安野さんお得意の世界です。
[PR]
by haruno-urarano | 2008-03-20 19:07 | 日本の絵本