ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

まほうつかいのでし

今日の絵本はこちら。

d0116262_1795178.jpg

                      「まほうつかいのでし」 
           大石真・文/柳原良平・絵  2007年 学習研究社
        (1969年同社「子供音楽館 第12巻 まほうつかいのでし」の改訂版)

むかし むかし。
この町に とても貧しい 若者がいました。
ある日 若者は お金持ちの一人娘を 一目見て
恋を してしまいました。
でも 若者には
娘の気を ひきつけるものは
何もありません。
そこで
若者は
魔法使いの弟子に なることにしたのです

・・・・・

と。
これは この絵本のお話ではなく、
さだまさしの「魔法使いの弟子」のお話です。(→ カバーですが動画
さだまさしのこのお話、とっても とっても 好きでした。
今でも 好きです。 絵本になれば いいのにな。

こちらの絵本のお話はというと、
本家本元、ゲーテの韻文を基にした、お馴染みの内容です(→ ドイツの昔話)。

d0116262_17324213.jpg

こどもの頃は 何十回も 
お話に出てくる 魔法使いになったことがあるけれど、
とうとう本物の 魔法使いには なれませんでした。

なんでかな と 思ったら
やっと理由が わかってきました。

それは

いきなり 魔法使いに なろうとしたから。
ちゃんと先生に 弟子入りしなくては ならなかったのです。
物事には 順序というものが あるのですね。

さすがゲーテは 偉いです。

もしも
ちゃんと修行をして
魔法使いに なっていたら
何をしていたかな 今頃。

 ***** ***** *****

もともと気まぐれの更新ですが
8月末まで、更新できそうにもありません。
今年もまた、部屋に缶詰の夏を過ごします。
あ~あ。魔法使いに
なっていればよかった。。。

みなさま、
よい夏の日を
お楽しみください。
[PR]
by haruno-urarano | 2008-07-09 17:48 | 日本の絵本