ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

つきのぼうや

今日の絵本はこちら

d0116262_2122413.jpg

                           「つきのぼうや」
                      イブ・スパング・オルセン 作/絵
                          やまのうち きよこ 訳
                          1975年 福音館書店


もうすぐ仲秋の名月だから、お月さまのおはなし。
息の長い人気絵本なので、親子二代でファンという方も、きっといるはず。

 ***** ***** *****
夜空にのぼった お月さま。
ふと下を見ると 
おや。
池の中に もう一人の お月さま。

ともだちに なりたいな。

そうだ。つきのぼうやを 呼んで
あのお月さまを 連れてきてもらおう。

つきのぼうやは元気よく 
かごを提げて 出かけて行きました。
途中で おっと お星さまを けとばした。
流れ星。

もう一人の お月さま どこにいる~?

凧? 風船? ボール? りんご?・・・
お月さまには 似てるけど
ちょっと違う。

とうとう つきのぼうやは
水の中に ぱしゃーん!

おや?水底に キラキラ光るものがある。
これなあに?
・・・それは女の人が落とした手鏡・・・

つきのぼうやが 中を覗くと
「わあ なんて かわいらしい おつきさまだ!
さあ つれて帰ろう!」

いそいそと お空の お月さまのもとへ

お月さまは 水の中からの お客さまを見て
「なんと りっぱで うつくしい かただろう!」

すっかり気の合う ともだちができて

お月さまは とても しあわせ 

ですって。

 ***** ***** *****

ふふふ。お月さまって、ちょっとナルシスト?

さて。
この絵本は、オルセンさんの国、デンマークで1962年に初めて出版されました。

縦34cm、横13cmという、ちょっとスリムな形の本です。
絵もおはなしも、もちろん魅力的だけど、
このスラリとした変わったサイズも、この絵本の好きなところです。

で・も・ね!
びっくりしたの!

初版の原本は、ぽっちゃりタイプの天綴じ本だったのです!!
これがその、初版の複刻本。

d0116262_10122743.jpg

ね?ぽっちゃりしてるでしょ?

複刻元は・・・はい、おなじみですが、「ほるぷ」です。
1994年、「原本ほるぶ世界の絵本第15集」の中の一冊です。
このセットを「買う!」と決めたのは、この「つきのぼうや」ショック!のため。

スリムタイプの本がずっとお気に入りだったのに、
元は天綴じだったと知った時は、かなりショック~!でした。

だって、
ぼうやが月から下に降りてくるわけでしょ?
それならやっぱり、横にめくるのじゃなくて、縦にめくるのが本当じゃない!

なぜ天下の福音館が・・・?って、
いえいえ、福音館書店が版を変えたのではありません。

これはデンマークの出版社側の事情で(どんな事情かは知りません)
左横綴じの縦長本に変えられて、初版のタイプは絶版になってしまったのです。
こんな話を知ってしまって、私が買わずにいられるワケないでしょっ。

本を開いたところを並べて比べてみると、こんな感じ。

d0116262_2219593.jpg

もひとつオマケ。間違いさがし~~?

d0116262_2222428.jpg


今年の十五夜お月さんは今度の日曜日。
お月さん、見えるといいな・・・今日の週間天気予報じゃ曇りだった。

お月さんの中にいるのは、だ~あれ?
え?つきのぼうや?

う~~ん。。。わたしは、これかな。

d0116262_22333977.jpg

日本人だもん~♪
[PR]
by haruno-urarano | 2008-09-08 22:18 | 翻訳絵本