ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

3びきのかわいいオオカミ

今日の絵本はこちら。

d0116262_124301.jpg

                     「3びきのかわいいオオカミ」
            ユージーン・トリビザス 文 / ヘレン・オクセンバリー 絵
                         こだまともこ 訳
                         1994年 冨山房



オオカミと言ったらいつだって悪者と、相場が決まっている。
はらぺこで、乱暴者で、弱い者いじめばかりする、嫌われ者。
だから最後はどんでん返しで、オオカミが痛い目にあうのも、物語の常。


たまにはさ、かわいいオオカミがいたっていいじゃないの。


ほら、このオオカミ三兄弟を見て。
まん中の坊やの何て愛らしいこと。足をチョコンっとクロスしてさ、
オチョボ口でチキンなんざモグモグモグっていただくの。
そのお上品な姿なんて、まるでアタシのようだわ。


それにひきかえ、ブタ。実に憎たらしげな顔つき。

同じブタでも、いつか紹介した「たべるトンちゃん」とは、ブタ質が違うのがよくわかるわ。



と、言うわけで。
この絵本は「三匹の子豚」のパロディーなのですが、
このブタの悪党ぶりと言ったら、悪役ご本家のオオカミもタジタジなのよ。
(三匹の子豚を復習されたい方は → こちら)



何と言っても時は現代ですからね。
かわいいカオオカミ兄弟だって、藁や木の枝なんかでは家を作りません。
最初からレンガ造りの丈夫なお家を建てました。



それじゃあブタも家を吹き飛ばせないだろうって?
いやいや、そこが現代の悪党ブタのすごいところ。



でもかわいいオオカミ、負けません!
次はコンクリートの家です!



でも悪党の方が まだまだうわて。




そして3びきのかわいいオオカミは・・・
「もっともっと じょうぶな うちを たてなくちゃね。」
と、固く心に決めるのです。



でも・・・


極悪非道なブタの手にかかり、家はどっかーんと・・・



たいへん大変タイヘン!!オオカミたちの大ピンチ!!!
誰か助けて!



いいえ。誰も助けてくれません。
オオカミたちは気づいたのです。



「きっと ぼくたち、いままで まちがった 材料で  うちを つくってたんだ。
もっと ちがうもので うちを たてなくちゃ。」


次の新しい家がたってみると・・・




おや・・・どうして?




さてさて、かわいいオオカミは、どんな家を建てたのでしょうね?
[PR]
by haruno-urarano | 2008-11-16 12:53 | 翻訳絵本