ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

まくわうりと まほうつかい

今日の絵本はこちら。

d0116262_18365289.jpg

               あいうえおパラダイス「くわうりと ほうつかい」
                   二宮由紀子・作 / スズキコージ・絵
                        2008年 理論社



10月に第1刷が発行されたばかり。
そして昨日、「うららん図書館」の蔵書に加わったばかり。
ほやほやに温かい、「言葉のパラダイス」!


おはなしは全部で5つ。
「まくわうりと 魔法使い」
「みずうみと 三つ子の ミイラの ミステリー」
「むかでの むことり」
「めん好きの メンデルさん」
「もぐらの もうしこみ」


シリーズだけど、今まで知らなかった。
もちろん、コージズキンの新刊なので仕入れたのだけど。



まさに天国にはまったよ。もう生き返れない。


言葉とは、日本語とは、何と楽しいのだろう。


この喜びを、どう伝えよう。
この楽しさを、どう表現しよう。




そうなのだよ!


「とにかく 声にだして 読んでみて。」
「きっと ともだちにも 読んであげたくなるよ」
「ページをめくると、そこは 言葉のパラダイス」



帯の宣伝文句に、こんなに共鳴したことは滅多にない。

読みはじめて、すぐに決めた。全巻そろえる、って。

早く読みたい。「あ」で始まる話、「い」で始まる話、「う」で始まる・・・。

一番一番、興味があるのは・・・。



もちろん、「る」で始まる話!
しりとりの「る」には、さんざん苦しんだからね。


残念だけど、今は「ま」までしか出ていない。
早く早く早く、読みたいな!




つい先日、ある絵本作家のライブ講演会を聞きに行ってきたところ。
つい先日、今年の「新語・流行語大賞」発表のニュースを見たところ。



同じ日本語使いに生まれた者が、ある者は自ら天国を生みだす。
二宮由紀子さん、言葉の神さまか?それとも、まほうつかいか?


日本語よ。どうかこれからも、美しくあれ。愉快であれ。
日本語を慈しむ日本人に、育て。子供たち。
[PR]
by haruno-urarano | 2008-12-03 19:07 | 日本の絵本