ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

おじさんのかさ

今日の絵本はこちら。

d0116262_22155246.jpg

           「おじさんのかさ」  佐野洋子 作・絵  1992年 講談社


アジサイの咲く この雨期が大好き。
朝から鬱陶しい雨雲がかかっていれば 心も躍る。
もしかして前世は アジサイの精だったのかもしれない。
だいたいアジサイは 花言葉が素晴らしい。
 「移り気」 「高慢」 「無情」 「浮気」 ・・・ フン。

d0116262_22305810.jpg

「アジサイは好きだけど、雨降りはねぇ・・・」
そんな御仁は 立派なかさなど お持ちになってみてはいかがです?
おじさんのように・・・

おじさんにとって 黒くて細くて ぴかぴか光った立派なかさは
宝石のようなもの。
どこへ行くにも 自慢のかさを持ち歩きます。

だけどこれは 宝もの。
絶対に汚したりなんか できないのです。

だから
少しくらいの雨は ぬれたまま歩きます。 
かさがぬれないように。

もう少したくさん雨が降れば 雨宿りをします。
かさがぬれないように。

雨がやまなければ?
ご心配なく。
知らない人のかさに 入れてもらいます。
かさがぬれないように。

もっと もっと 大降りのときは
出かけないで 家にいます。
だいじなかさが 壊れたら大変ですからね。

d0116262_22404653.jpg


ところがある日 おじさんは 聞いちゃったんです。 
ちいさなおとこのこと ちいさなおんなのこが
雨の中でかさをさして 歌っているのを。

「あめがふったら ポンポロロン
  あめがふったら ピッチャンチャン」

「あめがふったら ポンポロロン
  あめがふったら ピッチャンチャン」

d0116262_22451186.jpg

おじさんは つい つられて声をだしてしまいました。

「あめがふったら ポンポロロン
  あめがふったら ピッチャンチャン」

おじさんは 立ちあがって言いました
「ほんとかなあ。」

とうとう おじさんは
かさを 開いてしまいました。

ご自慢のかさに 雨があたると

 ポンポロロン♪ と 音がしました。

「ほんとだ ほんとだ あめがふったら ポンポロロンだあ。」

すっかり嬉しくなったおじさんは・・・

かさの正しい使い方に 気づいてしまったようです。

ぬれたかさを見て うっとり顔の おじさんに向って
おくさんは びっくりして 言いました。

「あら、かさを さしたんですか、雨が降っているのに」

d0116262_22495039.jpg


明日は雨。
ポンポロロンと歌いながら 正しくアジサイを 愛でることといたしましょう。
[PR]
by haruno-urarano | 2008-06-21 23:16 | 日本の絵本