ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

オズの虹の国

今日のお話はこちら


d0116262_2237304.jpg

                  「オズの虹の国」  ライマン・フランク・ボーム
                     訳 佐藤高子 / カバー・挿絵 新井苑子
                            1975年  早川書房

                 

「人生にとって大切なことは すべて子どもの本に書いてある」
    ・・・誰の言葉か忘れたが、そんな言葉を昔、読んだことがある。


「オズの魔法使い」のことは、たいていの人が知っていると思うけど、
「オズ」に全部で14冊のシリーズがあることを知っている人は、あまり多くはないみたい。

「オズの虹の国」はその第2作目。
作者のボームが、子どもたちの「お話の続きを!」という声に答えて世に出した、シリーズの始まりの1冊。

奇天烈な住人ばかりが住んでいる、「オズ」の国。この本の登場人物も、
それはそれは、絶対に期待を裏切らない。

中でも私が一番好きなのは、いつもニカニカ笑った顔の「かぼちゃ頭のジャック」。

d0116262_1847264.jpg


だけど笑顔とは裏腹に、ジャックの心は、いつでも心配ごとでいっぱいなんだ。
僕の頭が腐ってしまう、ああ僕の命は短い・・・と、口を開けばそればかり。

今はもう、「オズ」の国にはインチキ大魔法使いの「オズ」はいない。
だれがジャックの悩みを解決してくれるのだろう?

この本を何度目かに読んだ時、
私はブリキのニックがジャックに向かって言った言葉に、ハッと目が覚めた。
「よろしいか、きょうの太陽をあすの雨でくもらせてはいけませんぞ。」

d0116262_1985792.jpg


私は難しい大人の本は読めない。
だっていつまでも、いつまでも、大人になんかならないんだもん。
「人生にとって大切なことは すべて子どもの本に書いてある」んだもん。
[PR]
by haruno-urarano | 2009-11-26 22:36 | おはなし

ももたろう

今日の絵本はこちら

d0116262_23224162.jpg

                                 「ももたろう」  
              作/水谷章三 絵/スズキコージ  2003年  にっけん教育出版社




見てみて~、この二人の顔~。

d0116262_9321762.jpg


なんかとっても楽しそうねぇ~。
ももたろうさん、カワイ~顔して、
おじゃる丸の「ももマン」とどっちがカワユイかな~♡
    (そりゃヤッパリおじゃるかな・・・)


二人で仲よく、何してんのかな~。
そうだ鬼さん、ももたろうさんにリンパの足踏みマッサージしてもらってんのかな?
「あ~~ヨイ気持ちじゃわい。うむ、そこそこ。もっと強くぅ~」
とか、言ってそう。
ももたろうさんはね、「次は僕の番だからねぇ~~。」って言ってるの。


そうなのですよ。
この「ももたろう」、フツーの「ももたろう」とはチョイト違うんですよ。
なんてったってコージズキンの「ももたろう」ですからね。
・・・と言っても、愉快なお話を書いたのは、水谷さんですけど。


この本に出てくる桃太郎は、優等生の英雄の少年なんかじゃなくて、
食っちゃ寝、食っちゃ寝、ごろごろごばかりしている男の子。
鬼退治に行く途中で出会うイヌ、サル、キジには、大事なきびだんご、
「ひとつはやれん、はんぶんだ」


そうだよ、そうだよ!オコサマたるもの、
ナマケモノで、タイセツナモノは簡単には手放さないのさっ!
だけどつよーいモノがダイスキで、エイ・ヤー・トーッ!って大暴れがしたいのさっ!
イイゾ!これぞオコサマの鏡!


つまりなにさ、この本に出てくる桃太郎は、
宿題も家の手伝いもせずに遊んでばかりいて、だけど絶対ヒーローになりたい、
キミタチなのさっ!


そんなキミタチ、もし本物のヒーローになりたければね・・・


へへへ。
オリコウなんか、しちゃイケナイよ♪


さあこの本を読んで、今日もイッパイなまけるのさ~~♪


d0116262_10111568.jpg

[PR]
by haruno-urarano | 2009-11-21 23:23 | 日本の絵本

たこしんごう

今日の絵本はこちら


d0116262_23115144.jpg


             「たこしんごう」   作・絵/赤川明  2000年  ひかりのくに発行 



うまそう~?
な、タコの爺ちゃんと孫ちゃんが、仲良くお散歩~♪

今年ももう11月。
ぽっかぽかのおひよりに、の~んびりお散歩、したいよねぇ~。
あ、違った。ここは海の中だった。
じゃあ、もう水もチメタイ季節だよ~。


でも、タコの爺ちゃんと孫ちゃんなら、チメタイ水の方がいいよね。
熱かったらユデダコになっちゃうもん!


茹でたてのユデダコ、食べたいニャー♡


海の中は美味しそうなお魚さんがイ~~ッパイで、いいなぁ~。
うん、海中散歩も悪くない・・・美酒持参で食べ放題!
あ、でも息ができないかも?
いやいや、浦島さんだって海の中でご馳走食べたんだから、きっと大丈夫~♪


ほらほらタコの爺ちゃんと孫ちゃん、のんびりしてると食べられちゃうよっ!


でもね。爺ちゃんと孫ちゃん、先に進めないのよ。
だってスンゴイ魚の群に行く手を阻まれちゃったのだもん!


これ、鯵かな?鰯かな?
いや、鮪?鯛?・・・って、群れるのかな?
でもたい焼きにも見えるよね。
さては「およげたいやきくん」の末裔かな?


う~ん、こんだけいたら・・・刺身でしょ~、塩焼き~、
から揚げに、ツミレ汁、煮魚もいいし~、干物もいいねぇ~。
お魚好きでもさすがに食べ飽きちゃうかなぁ~。


そうそう。自分の話はサテオイテ、タコの爺ちゃんと孫ちゃんでした。


魚の群がちっとも途切れないから、手を挙げて

d0116262_9552733.jpg


「わたりまあ~す!」・・・・・「へい、どちらまで?」


魚相の悪いタクシーの運ちゃんしか止まってくれないよぉ~~!
んもう~っ!タコの孫ちゃん、怒って墨をブブーッと吐いちゃいました。


爺ちゃん、監督不行届き?で魚たちにモーレツに叱られペコペコ・・・。
もうガックリしちゃって、「孫よ、散歩はやめじゃ・・・」


え~~~?諦めちゃうのぉ~~?


だれか~、タコの爺ちゃんと孫ちゃんのお散歩を助けてぇ~~!!


d0116262_12565072.jpg

[PR]
by haruno-urarano | 2009-11-07 12:58 | 日本の絵本

canon

今日の音楽はこちら


こういう音楽が、一番落ち着きます。






こちらも大好きでした。






そうでした、神社の遺構を発掘していたら、セミさんのサナギを・・・


懐かしいです。


コーフンしました。






でも今は、とてもこんな肺活量はありません。
[PR]
by haruno-urarano | 2009-11-03 18:02 | 音楽