ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ぜつぼうの濁点

今日の絵本はこちら

d0116262_1836523.jpg

                             「ぜつぼうの濁点」
                         作・原田宗典/絵・柚木沙弥郎
                             2006年 教育画劇




一年の締めくくりに
今年最も衝撃を受けた この絵本を
皆さまに
心を込めて お勧めします
「ぜつぼうの濁点」・・・・


それは 昔むかし 
言葉の世界の 真ん中の 
おだやかな ひらがなの国で起きた ひとつの事件


南部のひなびた 「や」行の町の 道ばたに
 「゛」 のみが 
ぽつねんと 置き去りに
そんな読めもしない不手際は
ここ千年に一度もなかったことでした


実はこの濁点は
山の向こうの深い森に住む 「ぜつぼう」に
長年仕えた 濁点でした


数百年間 忠実に 職務を果たし続けた濁点は 
ある日
主の「ぜつぼう」が 年がら年じゅう不幸でいるのは
もしや自分のせいではないかと 思うようになったのです


自分みたいな「゛」がついていなければ
主は 「せつぼう」 という悪くない言葉でいられたのに


濁点は悩んだ挙句 主人に捨てられる道を選んだのです
そしてこの際 「や」でも「よ」でもいい
お望みならばくっついて 誠心誠意ご奉公しますと
「や」行の町の住人に 土下座をしてお願いしました


でも
「やぶからぼう」も「やくにん」も 
「ゆすり」や「やくざ」でさえ


絶望にくっついていた濁点だって!?
そんないまわしい奴を誰が!
おお嫌だ おお嫌だ!


取り残された よるべない濁点の前に 
「無意味な奴というのはお前か」と言って
押しつけがましく立ったのは


d0116262_1856482.jpg


大きな「おせわ」の三文字でした


大きな「おせわ」の仕事は
この世に存在する意味もない奴を世話すること


「すぐに何とかしてやるからな」 そう言って
濁点を連れて行った場所は
以前に 主の「ぜつぼう」が
何度も足を運んでは 引き返したことのある


「し」の沼
でした


「さあこの中に飛び込んで 溶けてなくなってしまえ」
大きな「おせわ」はそう言って
濁点を「し」の沼の中に 放り込みました


・・・



さあ 
いかがです?
読みたくなったでしょう?


読めばきっと
「ぜつぼうの濁点」の身の上に 涙を流し 
深い深い ため息が出て
絶望的な 気分になりますよ


そして 
最後の最後に


d0116262_19121530.jpg



ああ それは お教えできません
読んだ人しか 味わえません



「絶望」。それは生きている間に何度か、または何度でも、出会うものだと思います。
どのくらいの苦難を「絶望」と感じるかは、個人差があるでしょう。
私も「絶望」的な気分を味わったことがありました。
きっとこれからも、あるのでしょう。
そんなとき、この絵本をきっと、読み返すでしょう。
[PR]
by haruno-urarano | 2009-12-27 18:40 | 日本の絵本

A Midsummer Night's Dream

今日の音楽はこちら


  Mendelssohn:A Midsummer Night's Dream


   



   


あらいけない。今は冬だっけ。

でも大好きだから、まあいいの。

今宵は「真夏の夜の夢」で、メリークリスマス~♪
[PR]
by haruno-urarano | 2009-12-24 18:48 | 音楽

くぎのスープ

今日の絵本はこちら

d0116262_851790.jpg

                          「くぎのスープ」 スウェーデン民話
                菱木晃子・文/スズキコージ・絵 2009年 フェリシモ出版






これはキャロラインから初めて聞かせてもらったお話。

自信はないけど、多分そう。

キャロライン母さんが暖炉の前で、いかにもいい香りだという顔で話をするのを、
メアリーは目をキラキラさせながら、ローラは唾をゴックンと飲み込みながら、
そして私はTVの前で、夢中になって聞いていた。

そう、大好きだった、「大草原の小さな家」のこと。

そのお話が、コージズキンの絵本になった!すぐ買った!

そうそう、やっぱりあの話。
「くぎ」1本だけで王様に出しても恥ずかしくないスープが出来ちゃうあの話!

子どもの頃は、おもしろいと思っただけだったけど、
今は色んなことを考える。

おばあさんはケチで愚かだったけど、単純に騙されるのも、案外幸せかもね。
いつまでも、このトリックに気づかないのかな?
旅人は、こいつはもしや、プロのペテン師ってやつ?
行く先々で、「くぎのスープ」をご披露しているのかな?

だとしたら、
いつか私の所へ来てちょうだい!
私は絶対騙されないぞ!
でもね、
騙されたフリはしてあげる。
だって飲みたいもん!
王様に出しても恥ずかしくない、「くぎのスープ」。
[PR]
by haruno-urarano | 2009-12-20 08:52 | 日本の絵本

三十四丁目の奇蹟

今日の映画はこちら

d0116262_17505664.jpg

                       「三十四丁目の奇蹟」 1947年 アメリカ



子どもの頃、家にはサンタがこなかった。
まだ、本物のサンタに会ったことはない。
でもそれは、サンタがいないことの証拠にはならない。


d0116262_17533645.jpg



d0116262_17572899.jpg



では、サンタがいることはどうやって証明する・・・?

d0116262_18293847.jpg



d0116262_18403444.jpg
   


だけど。
サンタがいれば、何でも手に入る・・・?

d0116262_18485346.jpg





サンタにお願いしたいことがある。

d0116262_17543477.jpg


・・・・・・・アンノサンガ ホシイ・・・・・アンノサンヲ クダサイ・・・・・。




「三十四丁目の奇蹟」。一年中毎日観てても、きっと好きでいられるけど、
この季節に、鼻水を垂らしながらシアワセな気分に浸るのが最高の楽しみ。

私の持ってるDVDには、1948年のアカデミー賞授賞式の映像が入ってる。

d0116262_18585330.jpg



サンタがサンタを演じて、助演男優賞を獲得した。

d0116262_1905319.jpg

[PR]
by haruno-urarano | 2009-12-16 17:52

新しいスライドショー




つくりました♪


見てみて~~ → うららん絵本コレクション・また
[PR]
by haruno-urarano | 2009-12-13 00:19

冬になると



 
               今年もたくさんの お気に入りが増えました。


d0116262_957166.jpg



               陽だまりでぬくぬくしながら ながめましょう。
 
[PR]
by haruno-urarano | 2009-12-11 09:59

ちょっときて

今日の絵本はこちら

d0116262_21391312.jpg

                         「ちょっときて」 瀬川康男
                           1996年 小学館




何度読んでも いつも大好き。
ねずみとねこの ぽかぽか絵本。


甘えん坊の ねず嬢に 首ったけの ねこ爺さん。
かな。

上目遣いに 「ちょっときて」 
なんて 甘い声でも出せばもう ねこメロメロ。

だからわざと 言ってみる。
「ちかづかないで」

ほうら ねこ 期待通りの顔をする。


「あっちへいって」
「もってきて」
「とんでみて」
何でも言うこと聞いてくれる。

だから安心。

でもね。

「いっちゃって」
そんなこと 言ってもいいの?

「はやくいって」

あ。
行っちゃうよ。

ねこちゃん ホントに 行っちゃうよ。

いいの? いいの?


でも。 今夜は月夜かな?


「○○○○○」


d0116262_1504813.jpg


ねず嬢に もてあそばれる。
そんなフリして 小さな「悪女」 喜ばせる。
ねこ爺さん。

いつも仲良し。

いつもぽかぽか。
[PR]
by haruno-urarano | 2009-12-02 21:39 | 日本の絵本