ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

だるまちゃんとてんぐちゃん

今日の絵本はこちら


d0116262_101975.jpg

          「だるまちゃんとてんぐちゃん」  加古里子  1967年  福音館書店




わがいとしのだるまちゃん。推定年齢は5歳。
「おじゃる丸」と「だるまちゃん」は、私の中の永遠のアイドル。


でも。


「だるまちゃん」絵本の誕生から、既に四十有余年。
永遠のお子さまの「だるまちゃん」も、実はもうじき、50歳。


がーーん。。あの愛くるしいだるまちゃんも、てんぐちゃんも、もう50歳???
あのだるまちゃんが、あのてんぐちゃんが、50歳。。。
50歳の二人なんて、想像できる・・・?


d0116262_10193170.jpg



いや。想像もなにも・・・50歳でも全然違和感ないじゃない。


だるまちゃんとてんぐちゃん、全く年をとらないなんて!
これぞまさしく、永遠のお子さま・・・というか、生まれついてのおじさまなのかな。


でもさすがに50歳ともなれば、だるまちゃんだって、
「てんぐちゃんのような○○が欲しいよぉ~!」
とばかりは言っていないよねぇ~。


どーんな50歳になったかなぁ~。。。
想像してたら、なんか楽しくて楽しくて。。。。


そのうち仕事も手につかなくなり。。。
ついついこんなもの、作ってみたりしちゃったよ。


d0116262_22373454.jpg


ヤツデの葉っぱもいいけどさ、50歳ならこんなのも似合うと思うよ~。
んで、相方のてんぐちゃんには、こんなのどうかな?


d0116262_22413026.jpg



うっはっはっ~~~♪おもしろい~~~~♪
50歳のだるまちゃんと 50歳のてんぐちゃんが 遊んでいました。


d0116262_22492684.jpg


     「それなんだい?」
     「これは北海道のスルメイカの干物じゃよ」
     「ふーん よいものだのう」
     「だるまちゃんこそ ずいぶんよいもの 持っておるの」     
     「おう。ちょうど猪口と肴が欲しのぉ~と思っておったところよ。」 
     「ワシも日本酒が欲しいわい~と思っておったところじゃ。」


わーっははは♪ なんか二人の顔にぴったり~~!!


d0116262_2331719.jpg



よ~~し♪だるまちゃんとてんぐちゃん!今宵はしこたま呑もうぜよ~♪


d0116262_2351879.jpg



あ~~あ。。。。
夢の中でいいから、二人と一緒に呑んでみたいなぁ~。


おっし♪いい夢見るぞ!良い子は寝た寝た~~~♪
[PR]
by haruno-urarano | 2010-06-30 10:16 | 日本の絵本

おばけめぐり

松江の友から  ゲゲゲのかまぼこが届きました

d0116262_18422866.jpg



今日の絵本はこちら

d0116262_21531643.jpg

                「おばけめぐり」 瀬川昌男・原作/スズキコージ・絵
                           2002年 金の星社





         いらっしゃい いらっしゃい 
                       おばけめぐりの入り口は   こちら 
        昔のおばけ  最近のおばけ 
                    いつも  そこらへんで  はずかしがっている
                                おばけ
              すみから   すみまで
                             おばけだらけで  ございます
 
    





ところで  おばけとゆうれいって  どうちがうのでしょう ?
      ちゃあんとせつめい  できますか ?



ヒントはこの歌の中に  ありますよ~


     

                      


                         え ?
      おばけなんて  いないって  いうんですか ?
                                   そうですねぇ 
  たしかに昔より  
             ずっと減ってしまいましたねぇ~
                               ではちょっと  参りましょうか
                         おばけめぐり 
                さぁさぁどうぞ  お乗りください 




d0116262_16291990.jpg



ほら  おなじみの 
     ぬりかべ   いったんもめん  かっぱ  あずきあらい  とうふこぞう  ざしきわらし





こんなおばけは  知っていますか ?
   みこしにゅうどう  おぼろぐるま  びわぼくぼく  あかなめ  ふたくちおんな





        こちらは昔はいなかった  最近のおばけ~
                                     トイレの花子さん  口さけ女

 



ほうらね  おばけ  たくさんいるでしょ~?
              こ~んなにいたら  どこかでひょっこり  会うかもね~




    え ? おばけに会ったら  怖いですって~?


                              だーいじょうぶ  
           おばけとの上手な  つきあいかた  お教えしますよ 



                     もし  悪いおばけに会っちゃったら ?
                               だーいじょうぶ  
                 九字の呪文を唱えましょうね


         
             さあこれで  今日からもっと
                          おばけと仲よし



      
d0116262_16571633.jpg
                         
    
      
[PR]
by haruno-urarano | 2010-06-20 18:42 | 日本の絵本

かえるの平家ものがたり

むふふ。
雨の季節はやっぱりケロちゃんだよね♪

d0116262_17351025.jpg


だけど青ケロちゃんはカワユくて大好きなんだけど、
昔っから、モーモー言ったりする、茶色いのは好きじゃ~なかったな~。

だって家の前の寺には昔、池があってさ~、
そこに住んでた茶色いでかいかえるがさ~、
春になるといっつも、ルンルン池から出て来てさ~、
そんでもって車にひかれるわけさ!
もしくは何故か、乾燥しちゃって、ミイラになってるわけさ!

その姿を子どもの頃からずーっと見せられてたんだよ。
春が来るのが、まっさか恐ろしかったねぇ~!
茶色いゲロが嫌いになっても、そら~しかた~ないよねぇ?

でもさ。
もう何十年も前に、
お寺の池もなくなって、
ペチャンコに潰れたゲロちゃんも、
黒コゲミイラになったゲロちゃんも
遠い昔の記憶になったよなぁ~。

でも。
やっぱりかえるは、青いのが好きだな♡

だけど最近、心境の変化が訪れたようだよ!

ちょっと見てみてこの姿♪


d0116262_17454143.jpg


な~んか、憎めない顔してるよね~?


とのさまがえる、ひきがえる、あまがえる、あかがえる・・・


d0116262_12522114.jpg


この沼には昔から、かえるがいっぱい、住んでおったそうだ。


d0116262_12545684.jpg


沼のぬしは、「げんじ」どの。とのさまがえるの、お侍。
げんじどのの沼だから、「げんじぬま」と言うそうな。



       べん べん べん べん ・・・・・・・
 
              ぎおんの おてらの かねのおと
  
                    さらのき さらさら はなの いろ ・・・・・


                            ・・・・・・・べん べん べん べん 
 




今日の絵本はこちら



d0116262_130297.jpg

                 「かえるの平家ものがたり」 日野十成 文/斎藤隆夫 絵
                          2002年  福音館書店




げんじぬまの夏の朝 
千年杉の木の下に住む しわだらけのがま爺さんが
かえるの子どもに 聞かせてあげた 
むかしむかしの げんじと へいけの 
たたかいの お話だよ。


のんびりと平和な毎日を暮らしていた げんじぬまのかえるたち。
ところがある夏の夜 一大事が起きた。
あおがえるの おばさんが 目玉の光る化け物に かたなきずを 負わされたのだ。

敵が残していったのは
沼の近くに 足跡よっつと 白い長いもの。
化け物の正体 何者ぞ。

一番偉い よりともがえる 
侍大将 よしなかどのに 命令じゃ。

「それはへいけねこの しわざでしょう。
これはへいけの森の むねのりねこの ひげ」
そう言ったのは 女武者の ともえごぜん。


かっせんだ!いくさだ!みんな集まれ!


d0116262_13303477.jpg



一万匹のかえるの侍
えいえいおうと 勇ましくときの声あげ へいけの森へ攻めよせた。

ところが森に着く前に 
敵は突然 木から飛び降り 
かえるの侍を かじる ひっかく 投げ飛ばす。

かえるの侍の 
たんぽぽの槍 松葉の矢 からたちの棘の刀
全然役立たず まけいくさ。
一万匹 退却だ!


そこへ現れたるは 
かじかがえるの ふえふきぼうや うしわかまる!



さてうしわかまる、一体どんな作戦で、へいけねこと勝負する?
続きは読んでのお楽しみ。


d0116262_1342487.jpg



秋の七草美しい
のどかなのどかな、げんじ沼
むかしむかしの物語

べん べん べん・・・
[PR]
by haruno-urarano | 2010-06-16 17:36 | 日本の絵本