ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

木の祭り

今日の絵本はこちら。

d0116262_18442499.jpg

                 「木の祭り」  新美南吉 作 / 司修 絵
                     2002年 にっけん教育出版社


表紙の絵を見たとき、
クリスマスツリーのまわりに雪が舞っているみたいだと思った。


こんなふうにロシアのイコンと一緒に並べると、クリスマスムードも高まる。(かも)

d0116262_1855034.jpg


でもこの話の季節は今。だってこれは、蛍の光。

絵を描いた司修さんは、我が郷土出身の画家なのです。
この人の描いた絵本は、とにかく絵がきれいで、全部好き。(知っている本は)
新美南吉は大好きな童話作家なのだけど、この絵本は司修さんが好きなので買った本。

野原にぽつんと、木が立っていた。
白い美しい花が咲いたのに、
めったに人が通らないから、誰にもほめてもらえなくて、
木はつまらないと思っていた。

でも人は気づかないけれど、木の花の香りが風に乗って漂い、
ちょうちょうたちが「あの木」に花が咲いたことに気づいた。
ちょうちょうたちは相談をして、木のためにお祭りをしてあげることにした。
途中で一頭のしじみちょうが、一匹の見たことのない虫に出会い、祭りに誘った。
その虫は蛍。
でも蛍は夜の虫、ちょうちょうは昼の虫・・・。

蛍とちょうちょうは、一緒に木の祭りを楽しめるのだろうか?


今年は新美南吉の生誕100年。
たった29年しか生きなかった。
もっともっと生きていたら、どんな話を書いてくれただろうか。
[PR]
by haruno-urarano | 2013-06-24 19:17 | 日本の絵本