ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

「おへそがえる」復刊決定!!

大好きな大好きな大好きな おへそがえるのごんちゃんが、
ついに福音館から復刊されることに決定!

d0116262_1963837.jpg


こんな嬉しい日が来るなんて!願い続けた甲斐があった!

つい先日、安野さんの「旅の絵本」の日本編が出るって知ったばかりなのに、

今月はまったく、なんてなんてなーんてツイテルんだ!!

復刊ドットコムに寄せられた「おへそがえる・ごん 全3巻」のリクエスト数は148票だったって。もちろん私の清き一票も入ってるよ!

それだけじゃない。2年前だったか、購入した絵本が破れていたので福音館書店に交換してもらったとき、ごんちゃんを復刊してくれって直談判だってしたんだからっ!!

とにかくとにかく、モーレツに嬉しい。

5月には安野さんの旅の絵本。6月にはごんちゃん全3巻。

今年の上半期はゴキゲンに過ごせそう。

福音館の告知ページ→ おへそがえるごん 2013年6月復刊予定
[PR]
# by haruno-urarano | 2013-03-18 19:18 | 日本の絵本

「旅の絵本」、ついに日本へ!!

安野さんの「旅の絵本」シリーズが
やっとやっとやっとやっと、やーーーーーーーっと、日本へ来る!

d0116262_1051379.jpg



この日が来るのを何十年も待っていたんだ。ほんとだよ。

出会ったその日から夢中になって、もう何百回見ただろう。
某国に暮らした時は安野さんの絵本も数冊持って行ったけど、
「天動説の絵本」の他に、「旅の絵本」も絶対に外せなかった。


d0116262_10275081.jpg


やっぱり思い入れが一番強いのは1と2だけど、
アメリカ編にセンダックが出てきた時には跳び上がって喜んだっけ。

でもそれからの20年、なぜか新しい旅に出なかった。
もう終わっちゃったのかな。せっかくヨーロッパを出たのだから、
アメリカ経由で日本に来ればいいのに、と思ってた。

20年ぶりに旅したのは、情熱の国だった。
情熱に駆られたのか、翌年も旅に出た。人魚姫の国だった。

次はどこかな。早く日本に来ればいいのにと、ずうーっと願ってた。

先を越されたというか、次は中国だった。でも感激した。
やった、アジアに来た!!!

d0116262_10323783.jpg



次こそ、今度こそ、早く日本に来て!ずっとずっと思ってた。

念願かなってこの5月、とうとう出ます、「旅の絵本VIII 日本」


  → 福音館書店 ついに、日本の旅へ! <『旅の絵本VIII』2013年5月下旬刊行予定>


5月の日本、旅には絶好の季節。私も今年は旅に出よう。

それにしても長かった。でも願いは叶った。

安野さん、次はどこですか?これからも願い続けます。
[PR]
# by haruno-urarano | 2013-03-11 10:06 | 日本の絵本

シャカ

長い間ほったらかしになってしまった。

毎日疲れて、何もする気にならない。

とりあえずお盆も近いし、こんな絵本があるんだよってことで。



今日の絵本はこちら。


d0116262_22473066.jpg

              「シャカ」 油野誠一  2005年 福音館書店


釈迦の生涯を描いた絵本です。


ああ~、ネパールに行きたいなぁ。
インドも、パキスタンも、ブータンも、ミャンマーも、それからスリランカにも行きたい。

d0116262_22482630.jpg


でもとりあえず、奈良に行きたい。


そうそうこの絵本、かなりの大型本なのだけど、お値段なんと1500円。
このサイズでこのページ数で、しかもこの内容なら、普通2000円はすると思うけど。

お求めやすいお値段です。
お釈迦様の生涯の入門書に、ぜひどうぞ!

あら、油野誠一さんって、大分県臼杵市の出身なんだ!
大好きな国東半島~!国東にも行きたい!

  油野誠一さん公式サイト
[PR]
# by haruno-urarano | 2012-08-10 22:55 | 日本の絵本

生誕100年 南桂子展

たまには更新してみます。
でも絵本じゃないの。
あまりに寒くて散歩にも行く気にならないので
ちょっと美術館まで行ってきました。

d0116262_18524027.jpg


昨年から全国巡回していた銅版画家・南桂子(1911-2004年)の生誕100年展、
最終会場の館林美術館で、桜の咲くころまで開催中。

なんとなく、春らしい陽気の中で見る方がいいなと思って、
少し暖かくなってから出かけようと思っていたけど、
この寒さにすっかり引きこもりがちになり、えい行ってしまえ!と出かけてみた。

よかったよ。

だって美術館の中はこの通り温室のようで、あったかかった。

d0116262_1932130.jpg



今まで本の装丁でしか作品を見たことがなかったけど、
版画の実物は欲しくなるほど好きだと思った。

どこかを見つめて唇をギュっとかみしめる、いつも無表情の少女も好きだけど、
木や鳥や魚の絵は、もっと好きだな。

d0116262_19103311.jpg



壺井栄に師事して童話を学んだそうで、会場には童話や詩の作品も展示されていた。

谷川俊太郎の「うつむく青年」の初版の装丁をしていたとは知らなかった!
自分の持っているのはこれだけど、
初版は こんな表紙だったんだよ!
欲しいな・・・古本で1800円か・・・買っちゃおうかな!

展覧会の画集は、うんと迷って買うのをやめた。
だってツルツルの紙じゃ、実際の版画の柔らかさが全然再現されてないんだもん。
版画が欲しいと思うけど・・・飾るところがないよなぁ~。
[PR]
# by haruno-urarano | 2012-01-29 19:03

永不退縮

購入後二年間ほったらかしだったウインドウズセブンに、やっと移行。
あー使いにくい。めんどーくさい。

ってことで、動画お試しアップ。


任賢齊 「 永不退縮」




空手、やってみたいよなぁ~。気持ちいいだろうなぁ~。
[PR]
# by haruno-urarano | 2011-12-16 18:27 | 音楽