ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

タグ:かえる ( 3 ) タグの人気記事

かえるの平家ものがたり

むふふ。
雨の季節はやっぱりケロちゃんだよね♪

d0116262_17351025.jpg


だけど青ケロちゃんはカワユくて大好きなんだけど、
昔っから、モーモー言ったりする、茶色いのは好きじゃ~なかったな~。

だって家の前の寺には昔、池があってさ~、
そこに住んでた茶色いでかいかえるがさ~、
春になるといっつも、ルンルン池から出て来てさ~、
そんでもって車にひかれるわけさ!
もしくは何故か、乾燥しちゃって、ミイラになってるわけさ!

その姿を子どもの頃からずーっと見せられてたんだよ。
春が来るのが、まっさか恐ろしかったねぇ~!
茶色いゲロが嫌いになっても、そら~しかた~ないよねぇ?

でもさ。
もう何十年も前に、
お寺の池もなくなって、
ペチャンコに潰れたゲロちゃんも、
黒コゲミイラになったゲロちゃんも
遠い昔の記憶になったよなぁ~。

でも。
やっぱりかえるは、青いのが好きだな♡

だけど最近、心境の変化が訪れたようだよ!

ちょっと見てみてこの姿♪


d0116262_17454143.jpg


な~んか、憎めない顔してるよね~?


とのさまがえる、ひきがえる、あまがえる、あかがえる・・・


d0116262_12522114.jpg


この沼には昔から、かえるがいっぱい、住んでおったそうだ。


d0116262_12545684.jpg


沼のぬしは、「げんじ」どの。とのさまがえるの、お侍。
げんじどのの沼だから、「げんじぬま」と言うそうな。



       べん べん べん べん ・・・・・・・
 
              ぎおんの おてらの かねのおと
  
                    さらのき さらさら はなの いろ ・・・・・


                            ・・・・・・・べん べん べん べん 
 




今日の絵本はこちら



d0116262_130297.jpg

                 「かえるの平家ものがたり」 日野十成 文/斎藤隆夫 絵
                          2002年  福音館書店




げんじぬまの夏の朝 
千年杉の木の下に住む しわだらけのがま爺さんが
かえるの子どもに 聞かせてあげた 
むかしむかしの げんじと へいけの 
たたかいの お話だよ。


のんびりと平和な毎日を暮らしていた げんじぬまのかえるたち。
ところがある夏の夜 一大事が起きた。
あおがえるの おばさんが 目玉の光る化け物に かたなきずを 負わされたのだ。

敵が残していったのは
沼の近くに 足跡よっつと 白い長いもの。
化け物の正体 何者ぞ。

一番偉い よりともがえる 
侍大将 よしなかどのに 命令じゃ。

「それはへいけねこの しわざでしょう。
これはへいけの森の むねのりねこの ひげ」
そう言ったのは 女武者の ともえごぜん。


かっせんだ!いくさだ!みんな集まれ!


d0116262_13303477.jpg



一万匹のかえるの侍
えいえいおうと 勇ましくときの声あげ へいけの森へ攻めよせた。

ところが森に着く前に 
敵は突然 木から飛び降り 
かえるの侍を かじる ひっかく 投げ飛ばす。

かえるの侍の 
たんぽぽの槍 松葉の矢 からたちの棘の刀
全然役立たず まけいくさ。
一万匹 退却だ!


そこへ現れたるは 
かじかがえるの ふえふきぼうや うしわかまる!



さてうしわかまる、一体どんな作戦で、へいけねこと勝負する?
続きは読んでのお楽しみ。


d0116262_1342487.jpg



秋の七草美しい
のどかなのどかな、げんじ沼
むかしむかしの物語

べん べん べん・・・
[PR]
by haruno-urarano | 2010-06-16 17:36 | 日本の絵本

おへそがえる・ごん

今日の絵本はこちら

d0116262_8365525.jpg

          「おへそがえる・ごん」 ぽんこつやまの ぽんたと こんたの 巻
                   赤羽末吉さく・え  2001年 小学館 
              (1986年福音館書店刊行→後絶版を再構成)




雨だもん、ケロちゃんのお話。

d0116262_17263889.jpg




      かえるのごんです ↓ こんちは、ごん。

d0116262_8432734.jpg

      はいこんちは、げろ。




      ごんちゃん、ごんちゃん。お腹に何をかくしてるの?み~せて。

d0116262_8455831.jpg

       ここは、ちょっと みせられない。




       あらケチね。じゃあ・・・

 

こうしちゃおっと
[PR]
by haruno-urarano | 2009-06-16 17:27 | 日本の絵本

せかいのはてって どこですか?

今日の絵本はこちら。

d0116262_12495022.jpg



 「せかいのはてって どこですか?」
  文/アルビン・トゥレッセルト
  絵/ロジャー・デュボアザン
  訳/三木 卓
  1995年 童話館出版










「世界の果てってどこ・・・?」
表紙のカエルの表情も、この題名も
何やらニヒルな哲学者の匂いがする・・・

「井の中の蛙」は、ひとりぼっちでも十分にしあわせに暮らしていた。

だって「井の中」は とても素敵なんだよ。
透きとおった水があって、青空の天井があって、
夜にはお月さんが ウインクしてくれる。
マヌケな虫が 井戸の中に飛び込んでくれるから、
ご馳走だって食べ放題さ。

だからカエルにとって
ここが世界、世界の全てさ。

でもある時、井戸の水が枯れてしまった。
飛び込んで来てくれる虫も いなくなった。

私なら、お腹が減って外に出ただろう。
でもカエルは、哲学者だった。
 
  「まだ はねる力のあるうちに
     せかいのはてを 見ておいた方がいい」

世界の果て、つまり井戸の外にやって来た。

じゃあカエルはもう、世界の果てを見たかって?

牛に出会った。牛に聞いた。
「きみは せかいのはての いきものかい?」
牛は言った。
「とんでもない。ここはせかいよ」

鳥に出会った。鳥は言った。
「せかいのはては りくのおわるところさ。とてもとおい」

鹿やキツネやリスや熊たちに聞いた。
「このもりが とてもすばらしい せかいだ」

世界はどんどん面白くなる。
カエルはもっと 見たくなった。

そのとき 雨が落ちてきて
たくさんの カエル達の鳴き声を聞いた。

カエルは自分の井戸を思った。
雨が降ったから、井戸の水もいっぱいになったはずだ。

でも たくさんのカエルたちの
美しい合唱が聞こえてくる。

カエルは 強く飛び跳ねた。
今までで 一番大きく 飛び跳ねた・・・。

d0116262_1322076.jpg

世界の果てって どこだろう?そもそも世界って どこだ?
裏表紙の絵を見て
「井の中の蛙」もしあわせそうだと思う私は
ただの「満足したブタ」なのだろうか・・・
[PR]
by haruno-urarano | 2007-07-15 13:54 | 翻訳絵本