ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ぶた ( 4 ) タグの人気記事

さんびきのこぶた

今日の絵本はこちら

d0116262_229252.jpg

                おはなしめいろ せかいのたび 「さんびきのこぶた」
                 杉山亮・作/長新太・絵  2002年 フレーベル館




有名なものがたりをパロディ化した絵本というのはよくありますが、
このシリーズはちょっと、いえ、だいぶ手が込んでいます。
「おはなしめいろ」の言葉の通り、迷路をたどりながらお話を読んでいくのです。
道を踏み外せば当然別の話になり、「さんびきのこぶた」の結末にたどり着くことはできません。


数年前に作者の杉山亮さんの講演会に行き、
確か「あかずきん」の「おはなしめいろ」の実演を見て、
非常に面白かったので、別の本をと思い買ってみました。


「最近は昔話を知らない子どももいるけど、私は楽勝に決まってる。ふふん」
そんな風に高をくくって始めてみたら、すぐに迷子になりました。


知ってる話なのに進めない?
そうなんです。話を知ってさえいれば簡単にゴールに着いてしまうなんて、
そんなのすぐに飽きられちゃいますよね。
あちらこちらに、作者さんのイタズラが隠されているのです。


そんな企みがあるとはちっとも知らず、楽チン楽チン・・・と、数ページをクリアした後、
突如として進む道がなくなってしまったのです!
あれ???この道も、こっちも、これも、全部話が違うけど・・・???
そんな時はズルして奥の手を使い、ページのゴールから逆にたどってみたりして・・・。
仕舞いにはとうとう疲れてしまい、ギブアップ。



根性なしの私は読み終わっていない絵本を本棚にしまい込んでしまいました。
それも椅子を使わないと取れない高い所に。
今年の春、AJITOに遊びに来た友人にこの絵本の話をしたところ「見たい」と言うので、
どっこいしょっと椅子を出して久々に手にしてみました。



するとあら不思議。
二人でたどるとすごく楽しい。迷うたびに
「え~!なにこれぇ~!」 「ずるい~!」 「フェイントだよね~!」
と、最大限に盛り上がるのです。
これはつまり、お話のゲームなのですね。
双六や人生ゲームと同じで、ワイワイやるのがよいのです。
もちろん、今では一人でやっても楽しめます。



このシリーズ、有名な話を元としない迷路もあるのです。
しばらく前から、欲しいなぁと、ネット書店の「あとで買う」リストに入れてあります。
でも話を知ってたものだって、ゴールに着くのに四苦八苦したのだから、
知らない話の迷路なんて、1ページ目から進めないんじゃないかとちょっと心配です。
でも多分、買ってしまうと思います。そして今度友人が来た時に、また自慢して見せるのです。


d0116262_2221144.jpg

[PR]
by haruno-urarano | 2010-09-01 22:09 | 日本の絵本

ぶた ふたたび

今日の絵本はこちら

d0116262_17505512.jpg

                         「ぶた ふたたび」  ユリア・ヴォリ
                        森下圭子 訳   2004年  文渓堂    



暖冬だなんて油断をさせて、こんな寒い冬には久しぶりに行き会ったよ。
でも今日はポカポカで、ジャンバーを着ていたら暑いくらいだった。
あしたはもっとあったかいんだって。
そんでもってあさってになると、ヤレヤレ、また寒いんだとさ。
困ったもんだね。でもまあ冬さ。


だけどもう、水仙もロウバイも寒梅も咲いてるよ。
そうだ。今年もメジロを探しに行くんだ!楽しみだな!


でも森はまだ、冬枯れ。
冬枯れの森は・・・けっこう好き。
色が少なくて寂しくないかって?


全然。
ほら、こんなににぎやか。

d0116262_1801121.jpg



冬の森をカンバスに、絵本の花を咲かせてみるのは面白い。
森中がポータブル絵本ギャラリーに早変り。
手提げ袋の中に、あれもこれもとギュウギュウに絵本を詰め込んで、
あっちの木の枝、こっちの根っ子に絵本を並べてニタニタ~~ってする。
時々遠くの方に、不思議そうにこちらの様子を伺っている人がいる。
ちょっと怪しい人に見えるのかもね。
あれ、針路を変える人もいるよ。何もしないってば。


この絵本は、冬の森ギャラリーに飾るのに特にぴったりな一冊。
一瞬にして春がきたようになる。なんて明るい春なんだ。
それとも南国かな。


d0116262_18275495.jpg



そう南国。
こんな鮮やかな色を使うのは、きっと南国の画家に違いない。
ところがどっこい。


地球のはるか北の彼方の、フィンランドに生まれた画家が、
ずっとずっと南に暮らす私たちに、
冬というのに、春を届けてくれたんだ。
[PR]
by haruno-urarano | 2010-01-19 17:52 | 翻訳絵本

はなくそ

今日の絵本はこちら

d0116262_22195133.jpg


                             「はなくそ」
                   アラン・メッツ 作 / ふしみみさを 訳
                            2002年 パロル舎




小さいころ、家に「鼻血ノート」というのがありました。
ノートといっても、買ってきた立派なノートではありません。
裏の白い広告紙を切って、折って、穴を開けて綴じたようなものでした。
兄はよく、「はなくそ」をほっては鼻血を出していたので、
怒った父親が、ノートに鼻血の出た原因を記録させていたのです。
私もよくノートをチェックしましたが、鼻血の三大原因はおよそ以下のものでした。
 一、「はなくそをほっていて出た」
 二、「チョコレートを食べすぎて出た」
 三、「ピーナッツを食べすぎて出た」
そんな原因でしか鼻血が出ないなんて、実に健全です。

d0116262_23125259.jpg



子どものほる「はなくそ」なら、まあ多少は大目に見てあげましょう。
でも、某人民共和国の大人となると、それは悪意です。
あれは間違いなく武器です、兵器です。
「研修生」という名目で文明国へ忍び込み、講義中に熱心にメモの代わりに兵器を工作し、
殺傷能力の極めて高い毒物をプリントになすりつけ、
「これ、訳しといて」と、何食わぬ顔で私に寄こす。
うぬれ、かようにベトベトなプリントをワラワに寄こすとは、工作員め、宣戦布告か!?
あるとき、ある会社で、ある研修生が、
いつもと同じように椅子にふんぞり返って楽しそうにホジホジしていましたが、
その日は事情があったのか、ピューッっと盛大に鼻血を噴き出しました。
慌てて部屋の外へ駆けて行ったけど、わかってるわよ。そうやって何か報告しに行ったんでしょ?
鼻血が止まって部屋に帰ってきたら、さっそくホジホジ。どうやら再工作命令が出たようです。
最近は工作員と直接接触する仕事からはほとんど足を洗い、
おかげで命の危険にさらされることも少なくなりました。
が、ときどき、デジタルで送れない資料や書籍の現物が宅配で届くと、
ああ、相変わらずベトベトしてるよな~と、人差し指と親指でつまみながら、ページをめくる私です。

さてこの絵本は、そんな「はなくそ」を武器に、悪と闘うブタのお話(「おなら」の術も使うよ)。
このブタがまた、いつも汚れていて、ハエがブンブンしてるんですって!
ブタくん、、「はなくそ」と「おなら」で憧れの彼女を救い出し、みごとハートを射止めることができるのか!?

d0116262_0114960.jpg



アタシハヤッパリ・・・・ジブンデツヨクナル! ハナクソオコトワリ~~!
[PR]
by haruno-urarano | 2009-09-17 22:22 | 翻訳絵本

3びきのかわいいオオカミ

今日の絵本はこちら。

d0116262_124301.jpg

                     「3びきのかわいいオオカミ」
            ユージーン・トリビザス 文 / ヘレン・オクセンバリー 絵
                         こだまともこ 訳
                         1994年 冨山房



オオカミと言ったらいつだって悪者と、相場が決まっている。
はらぺこで、乱暴者で、弱い者いじめばかりする、嫌われ者。
だから最後はどんでん返しで、オオカミが痛い目にあうのも、物語の常。


たまにはさ、かわいいオオカミがいたっていいじゃないの。


ほら、このオオカミ三兄弟を見て。
まん中の坊やの何て愛らしいこと。足をチョコンっとクロスしてさ、
オチョボ口でチキンなんざモグモグモグっていただくの。
そのお上品な姿なんて、まるでアタシのようだわ。


それにひきかえ、ブタ。実に憎たらしげな顔つき。

同じブタでも、いつか紹介した「たべるトンちゃん」とは、ブタ質が違うのがよくわかるわ。



と、言うわけで。
この絵本は「三匹の子豚」のパロディーなのですが、
このブタの悪党ぶりと言ったら、悪役ご本家のオオカミもタジタジなのよ。
(三匹の子豚を復習されたい方は → こちら)



何と言っても時は現代ですからね。
かわいいカオオカミ兄弟だって、藁や木の枝なんかでは家を作りません。
最初からレンガ造りの丈夫なお家を建てました。



それじゃあブタも家を吹き飛ばせないだろうって?
いやいや、そこが現代の悪党ブタのすごいところ。



でもかわいいオオカミ、負けません!
次はコンクリートの家です!



でも悪党の方が まだまだうわて。




そして3びきのかわいいオオカミは・・・
「もっともっと じょうぶな うちを たてなくちゃね。」
と、固く心に決めるのです。



でも・・・


極悪非道なブタの手にかかり、家はどっかーんと・・・



たいへん大変タイヘン!!オオカミたちの大ピンチ!!!
誰か助けて!



いいえ。誰も助けてくれません。
オオカミたちは気づいたのです。



「きっと ぼくたち、いままで まちがった 材料で  うちを つくってたんだ。
もっと ちがうもので うちを たてなくちゃ。」


次の新しい家がたってみると・・・




おや・・・どうして?




さてさて、かわいいオオカミは、どんな家を建てたのでしょうね?
[PR]
by haruno-urarano | 2008-11-16 12:53 | 翻訳絵本