ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ネコ ( 10 ) タグの人気記事

イワシダラケはどこにある?

AJITOの2階から夕陽を撮った。

d0116262_9155380.jpg


小野竹喬の → この絵 を思い出した。

生誕120年展は昨年から楽しみにしていたけれど、やっぱり行けなかった。
130年展も、あるかなぁ。あってほしい。

ずっと昔、友人と車に乗っていたら、あんまり夕陽がきれいなので、
思わず夕陽に向かって走っていったことがある。
でも、夕陽のありかには、着けなかった。

もっと昔、大学に通う車の中から眺める冬の浅間山がとても好きで、
ある日、大学に行くのをやめて、
浅間へ向かって走っていったことがある。
でも、チェーンがなくて、浅間の雪山までは、行けなかった。

パリで。ある美術館の窓からすばらしく気に入った建物が見えたので、
よしあそこへ行こうと、すばらしい場所へ向かって地下鉄に乗ったことがある。
でも、地下鉄に乗ると景色が見えなくて、この辺だろうと降りた場所からはもう、
あのすばらしい建物は見えなかった。

目的地へは着けなくても、
目的は達成しなくても、
それに向かっていくという、
行為が楽しい。
目的が果たせないことは、
いけないこととは思わない。
楽しみが残っているって、
うれしいじゃないか。
(もちろん念願がかなったら、最高)



今日の絵本はこちら

d0116262_9484831.jpg

          「イワシダラケは どこにある?」 ヴェラ・エッガーマン 作/小森香折 訳
                         2005年  にいるぶっくす



カッコよすぎる表紙が、大のお気に入り。
カッコよすぎるネコたちは、実は冒険家。
ただし「俄か」冒険家。

ネコだって人間だって、好きなものには夢中になる。
好きなもののためなら、冒険だって喜んでする。

「イワシダラケ」
という名の島があるらしい。
缶入りじゃない、生のイワシが山のようにある島らしい。

ネコたちは腹ペコ。
おまけに飼い主はいつ帰ってくるかわからない。
ならばゆこう!
いざゆかん、「イワシダラケ」!


私はコロッケが大好きだけど、
「コロッケダラケ」島があると聞いても、絶対に行かない。
にぎり寿司も大好きだけど、
「ニギリズシダラケ」島があると聞いても、多分行かない。

でも。
「ブツゾウダラケ」島があると聞いたら、何としても行く!
そうか。
私が仏像を好きなくらいに、ネコは鰯が大好きなんだ!


大好きなものを探し求めるネコたちの表情の、何と楽しそうなこと。
冒険につきものの危険に出くわした時の顔が、また何とも愉快。


でも。
所詮は「俄か」冒険家。
というより、腹ペコのネコ。
永遠にイワシダラケの夢を見続けるのかな。
[PR]
by haruno-urarano | 2010-05-05 09:17 | 翻訳絵本

ちょっときて

今日の絵本はこちら

d0116262_21391312.jpg

                         「ちょっときて」 瀬川康男
                           1996年 小学館




何度読んでも いつも大好き。
ねずみとねこの ぽかぽか絵本。


甘えん坊の ねず嬢に 首ったけの ねこ爺さん。
かな。

上目遣いに 「ちょっときて」 
なんて 甘い声でも出せばもう ねこメロメロ。

だからわざと 言ってみる。
「ちかづかないで」

ほうら ねこ 期待通りの顔をする。


「あっちへいって」
「もってきて」
「とんでみて」
何でも言うこと聞いてくれる。

だから安心。

でもね。

「いっちゃって」
そんなこと 言ってもいいの?

「はやくいって」

あ。
行っちゃうよ。

ねこちゃん ホントに 行っちゃうよ。

いいの? いいの?


でも。 今夜は月夜かな?


「○○○○○」


d0116262_1504813.jpg


ねず嬢に もてあそばれる。
そんなフリして 小さな「悪女」 喜ばせる。
ねこ爺さん。

いつも仲良し。

いつもぽかぽか。
[PR]
by haruno-urarano | 2009-12-02 21:39 | 日本の絵本

ねこのどどいつあいうえお

今日の絵本はこちら。

d0116262_1732756.jpg

          「ねこのどどいつあいうえお」  織田道代・作/スズキコージ・絵
                       2005年 のら書店


ねこの生態を「どどいつ」で歌い上げた 詩集と言ってもいいだろうか。
それともコージズキンの 豪華コラージュ集と言うべきか。

いずれにしても「あ」から「ん」まで
洒落たどどいつと 猫 満載だ。


   「ともだちだよね そうおもうのに
           よんでもこない とんだねこ」


一体、人間と猫は 
どんな関係にあるのだろう。

なんて 
人間は やたらと何かに意味をつけたがる。

   「きのうのことなど きょうはわすれて
           きぶんのままに きどるねこ」


猫にしてみれば
ただ生まれて 生きて 終わるだけさ。

人間だって
同じじゃないか。

    「すずめおいかけ にげられちゃって
            そしらぬふうの すましねこ」



どどいつで ねこの生態を歌った。
・・・と書いた。

でもそこには 人間の

猫へのあこがれや 嫉妬も 

入っていそうだ。

猫は気楽でいいよな。

そんな風に 思ってるのさ人間は。 

d0116262_17153931.jpg


いや。
猫にだって やなことは あるかもよ。

聞いてみようか おい猫よ・・・

   「なにをいうのか そーっとくちを
           あけるだけです なかぬねこ」


言葉なんて 余計なものを 

人間は えらいと思っている。


あ。


谷川俊太郎の詩を 

読みたくなった。
[PR]
by haruno-urarano | 2008-05-16 17:49 | 日本の絵本

おりこうねこ

今日の絵本はこちら。

d0116262_1528677.jpg


  「おりこうねこ」
 ピーター・コリントン 作・絵
  いずむら まり 訳
  2000年 徳間書店 








褒められて嬉しいのは、子どもだけじゃないでしょ?
大人だって同じだし、だから、ねこだって同じ!

ねこのシマシマは、毎朝毎朝、飼い主さんがご飯をくれるのを待っているんだけど、
この家の人はね、みーーーんな忙しいの。

「どいて、どいて!」
「あとでね」
「じゃま、じゃま!」

こんな言葉ばかり投げかけられて、挙句の果てには・・・

「ごはんくらい、自分でしたくできないのかしら、ぐうたらねこねえ」

・・・こんな家で飼われるくらいなら、私だったらノラ猫を選ぶね!

そんなシマシマも、ついに我慢できなくなって、

とうとう・・・

自分でキャットフードの缶詰を開けて食べ始めたの!!

飼い主一家の驚きの顔!

d0116262_15455072.jpg


「こんなにおりこうだったなんて」 「すごい!」 「おりこうだこと」

シマシマへの評価は一変したのです。

おりこうになったシマシマは、キャッシュカードを渡されて、自分で買物をしました。
近所の人たちも、おりこうなシマシマに感心することしきりです。

シマシマはシマシマで、褒められて自信とやる気が満々です。
もう今までみたいな、猫背のねこじゃ~ないよ!
背筋もピーンと伸びちゃって、昼寝しかすることのない他のねこを見下ろします。

レストランでお食事・・・
今まであんなまずいキャットフードを食べてたなんて!!

ショッピングでしょ、映画鑑賞でしょ、ゲームでしょ、テニスでしょ・・・
こんな楽しい暮らしがあったなんて!!

昼寝なんて、ぐうたらねこのすること。時間のムダさっ!!

と・こ・ろ・が・・・

ある日シマシマは、飼い主さんからキャッシュカードを取り上げられてしまったのです!
それだけではありません。シマシマがおりこうなことを理由に・・・

「今まで使ったお金は返してもらうよ」
「部屋代も払ってもらうわ」
「仕事を見つけてきてちょうだい」

シマシマは働きました・・・
朝から晩まで。クタクタになるまで。休みもせずに。。。
疲れて家に帰っても、自分でご飯の支度をして、片付けもしなくてはなりません。

稼いだお金は、飼い主さんへの支払いを終えると、キャットフードを買えばもう終わりです。

シマシマは疲れて疲れて疲れて・・・
ついに寝坊をして、仕事をクビになってしまいました。

なのに飼い主さんは、
「別の仕事をさがすんだね。もっとかせいでもらわなくちゃ」

シマシマはさめざめと泣きました。

そして家の外に出てみると・・・
他のねこたちが、のんびり昼寝をしていました。

シマシマは
「ほんとうのおりこう」
に、やっと気づいたのです・・・。

良い子のお友だちのみなさん!
「おりこうね」、なんていう大人の言葉の罠にはまらないように。
良い子の大人のみなさん!
「君には期待しているよ」、なんていう上司の言葉の罠にはまらないように!

さあ、このシマシマの教訓物語を読んで、
「ほんとうのおりこう」に、なりましょうねっ!!
[PR]
by haruno-urarano | 2008-02-23 16:20 | 翻訳絵本

ヤマネコ毛布

今日の絵本はこちら。

d0116262_11452398.jpg


  「ヤマネコ毛布」
  作・画 山福朱実
  2007年 パロル舎










今年の早春に発売されて、一目で気に入って購入。
毛布のうれしくなる頃に出そうと思っていたら、
忙しくて忙しくて、いつの間にやら厚い布団のいる季節。
でもステキな毛布だから、やはり出しました。

ヤマネコが森を出て行くことに決めた。

森のなかまは ハリネズミの提案で、
毛布に刺繍をして ヤマネコに贈ることにした。
刺繍したのは 思い出。

森のいろんな動物に いろんな思い出があった。

サルは ヤマネコを抱えて 木から木へとわたったこと。
トラは ネコの仲間のよしみで 一緒にツメ研ぎしたこと。
カワウソは 美味しかったさかな釣りの思い出。

でも中には こんな思い出もある。

トリたちは 追いたてられた仕返しに フンを落としてやったこと。
ノウサギは 美味しいタンポポを採ってあげたのに 食べてもらえなかったこと。

いつも追いかけられていた シマリスにいたっては 
「やなこった!つくってなんか やるもんか!」だって・・・。

ハリネズミはね
ヤマネコと語り明かした 夜のこと。月がきれいな夜。
「きみは 美味しそうだけど ハリがじゃまだな。」
そう言ったときの ヤマネコの目の輝き・・・。

旅立ちの日が来た。
森の仲間の思い出が たくさんつまった毛布
あったかそうだね。

そこへ シマリスがやってきて
思いがけないモノを差し出した。
ヤマネコは 思わず 「うわおん」と ないた。

うわおん、うわわおん、うわわわうぉん・・・

ひとり旅はいいな。おまけにあったか毛布つきか。

作者の山福朱実さんはイラストレーター。
2004年から木版画の制作を始め、これが最初の創作絵本となるそうです。
木版画は元々とても好きですが、山福さんの版画は
彫りも色づけもあったかく、自作のお話も微笑ましく、今後の楽しみが増えました。

巻末にポストカードがついています。
なんとなんと、これは森の仲間たちの本物の刺繍では?
なかなかステキな演出つきでした。

山福さんのブログを見つけました→山福朱実☆べむべろ通信
[PR]
by haruno-urarano | 2007-11-10 12:23 | 日本の絵本

ひとのいいネコ

今日の絵本はこちら。

d0116262_10313598.jpg


  「ひとのいいネコ」
 田島征三・絵 / 南部和也・文
  2001年 小学館







ネコと言えばフツー「気まぐれ」「わがまま」に決まってますがニャ。
「ひとのいいネコ」・・・なんているかなぁ~?

ところがいるんです、ここに。

名前は「ホルス」、
困っている人を見ると助けずにはいられない、
「水戸黄門」のようなネコなのです。

お年寄りネコにはネズミを捕ってあげ、
妊婦ネコにはセッセと魚を運んであげる、
模範的ネコちゃんです。

そんなホルス、ある日森の中で、行き倒れているノミを見つけました。
「おなかがすいて、しにそうです。少しだけ、あなたの血を・・・」
弱々しいノミの声に、
「それはお困りでしょう」と、背中を差し出すホルスです。
おまけに
「礼にはおよびません。ボクは人助けができれば嬉しいのです」
とは、「水戸黄門」の見すぎじゃないの~?

一命をとりとめたノミは、たまごを十個生みました。

一ヵ月後、
ホルスは森でお腹をペコペコにしている、あのノミと十匹の子ノミに会いました。
人助けの好きなホルス、
「少しずつなら、いいですよ」

また一ヵ月後、
ホルスは森で、腹ペコのあのノミと、
十匹の子ノミと、百匹のまごノミに会ってしまいました。
「そ、それはお困りでしょう。ひと口だけなら・・・」

そしてまたまた、一ヶ月経ちました。
ホルスは森で、しにそうなくらい腹ペコの、
あのノミと、十匹の子ノミと、百匹のまごノミと、千匹のひまごノミに・・・

この時のホルスの顔ったら!!
どうする、ホルス・・・?

さんざん笑いながら、「親切とは何か」について、ちょっぴり哲学しちゃいます。

絵本のカバーに、こんなシールが貼ってあります。
d0116262_11104755.jpg

・・・私ならどうするかって?
そりゃ初めから「プチッ」とするに決まってますがニャ。
[PR]
by haruno-urarano | 2007-07-03 11:43 | 日本の絵本

きんぎょのおつかい

今日の絵本はこちら。

d0116262_18291680.jpg



「きんぎょのおつかい」

高部晴市・絵 / 与謝野晶子・文

1994年 架空社





太郎さんは 駿河台の菊雄さんのところまで ご用があります。
でも女中の梅やは ご病気です。
そこで
赤と 白と ぶちの 三匹のきんぎょを
おつかいにやることにしました。

きんぎょは 初めて電車に乗るようですよ。
ちょっと心配ですね・・・。

何とか電車には乗れたものの 電車には水がありません!
赤が言います
「水を入れてもらわないと 僕達は死ぬじゃありませんか」
白とぶちも言います
「苦しいなあ」

さてさて きんぎょのおつかいは 成功するでしょうか?

 ***** ***** *****

きんぎょのおつかいに ハラハラドキドキ。
でも よくみると、そっと 見守っているネコ・・・
きんぎょの表情も愉快だけれど、
このネコがまた とっても味わい深いのです。

まさか
きんぎょを狙ってるんじゃ ないですよね?
だってこのきんぎょ、
たい焼きみたいで 美味しそう!

お話も絵も ほのぼの のどか 
ニヤニヤしながら読む一冊です。
[PR]
by haruno-urarano | 2007-06-11 19:08 | 日本の絵本

だってだっての おばあさん

今日の絵本はこちら。

d0116262_984774.jpg

        「だってだっての おばあさん」 さの ようこ  1985年 フレーベル館



私には“ニャーニャーおばあちゃん”という祖母がいました。

きっとこの絵本に出てくる ねこ くらいの年の頃、
祖母の家で遊んでいると、俳句仲間が現れて
祖母のことを「キンコさ~ん」と呼びました。
おばあちゃんの名前は“おばあちゃん”と信じていた私はびっくり仰天。
方々へ祖母の“本名”を報告して回り、それから暫くの間は
祖母を「キンコさん、キンコさん」と呼んでいました。

 ***** ***** *****

さて、今日の絵本の おばあさん ですが、
98歳ですから、もう“おばあさんのプロ”だったに違いありません。
自分のことを、固く“おばあさん”と信じていたのです。

やんちゃな同居ねこが、毎日おばあさんを魚つりに誘うのですが
「だって わたしは 98さいだもの」
と言って断り続けます。

今日はおばあさんの99回目の誕生日!
ねこにロウソクを99本買いに行かせます。
だけど事件が起きちゃって、おばあさんはがっかり・・・。
99歳になれなくなってしまったのですからね。

“おばあさんのプロ”を返上したおばあさん。次の日からは
「だって わたしは ・・・・」

 ***** ***** *****

このお話、名古屋の“劇団うりんこ”で劇化しているそうです。
見てみたいニャァ~。

私の“ニャーニャーおばあちゃん”は、「100まで生きる」が口癖でした。
87歳と8ヶ月で目標を変えてしまったのですが、その3日前まで
日記を書き続け、何事にも好奇心を持ち、愚痴を言う事もありませんでした。
すぅ~っと、“キンコさん”と呼んでいた方が、ピッタリだったかも知れません。
[PR]
by haruno-urarano | 2007-06-02 09:50 | 日本の絵本

11ぴきのねことあほうどり

今日の絵本はこちら。

d0116262_1053426.jpg


 「11ぴきのねこと
      あほうどり」

  馬場のぼる
 1972年 こぐま社







私、大昔からコロッケが大好物です。
近所のお肉屋さんの、一番安くて(50円)
ジャガイモの匂いがぷんぷんするのが大好きです。

ですからコロッケの登場するこの本は、
「11ぴきのねこ」シリーズで一番のお気に入り。

今日もコロッケ 明日もコロッケ・・・
何て贅沢な食卓なのかしらん!

でも、売れ残りのコロッケを食べ飽きてしまった11ぴきのねこちゃんたち、

「もうコロッケは見るのもいやだ~」
「美味しい鳥の丸焼きが食べたいねぇ~」
「食べたいねぇ~~~」
「あ~~、鳥の丸焼き~~」

と、頭の中は「鳥の丸焼き」でイ~ッパイです。

そこへ

「トントントン」

お腹を空かせた、かわいそうな旅のあほうどりが!

情け深い11ぴきのねこちゃん、モチロン二つ返事でご接待よねっ!

もう目はピッカピッカ!

そして夢と希望を抱いて、いざ!あほうどりの国へっ!

・・・・。

ところで、

子供には、タメになるお話しをしてやるのが良い大人ですよねっ?

絵本作家というもの、子供の心の発育を、第一に考えているものです!

作者の故・馬場のぼるさんは、実に素敵な大人のカガミ!なのでした。

詳しくは→こちら をどうぞ!


今日はこれから、コロッケ買いに行きます!
[PR]
by haruno-urarano | 2007-05-23 11:29 | 日本の絵本

木版画 どんぐりと山猫

今日の絵本はこちら。
d0116262_16131869.jpg

           「木版画 どんぐりと山猫」  宮沢賢治・作 / 畑中純・画
                       1997年  筑摩書房



宮沢賢治のおなじみ童話です。

お話というのは、内容自体が同じでも、語り口や絵の違いで、
全く違った世界が出来上がると思いませんか?
同じ題名の、作者が違う絵本を収集するのも、結構面白いです。

この作品は、漫画家でもある畑中さんの版画とあって、ちょっと漫画チック。

絵本の帯にはこんな紹介が。
「宮沢賢治vs.畑中純 6800字の格闘」

そう、絵だけじゃなくて、お話も全部木版なんです。まさに格闘!ですよね。
格闘の模様、ちょっとだけ紹介しても大丈夫かな?
d0116262_16343064.jpg

ついでにカバーの裏表紙。
“ごきげんよろしいほで、けっこです”の、かねた一郎くんですよ。
d0116262_16365591.jpg

賢治の山猫世界が、ちょっとトトロに近づいたみたい。

宮沢賢治を愛する畑中純さんは、他にも数々の賢治ワールドを版画化しています。
こちらのページで覗けますよ→「宮沢賢治、銀河へ
そして発見、私の持っている絵本と画が違う!こっちの画の本もあるの??
欲しい~~~!
[PR]
by haruno-urarano | 2007-05-19 16:52 | 日本の絵本