ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ピーター・コリントン ( 3 ) タグの人気記事

A Small Miracle

今日の絵本はこちら

d0116262_12465559.jpg

                      「聖なる夜に A Small Miracle」
                            ピーター・コリントン
                            2000年 BL出版




寒い冬の朝、おばあさんは家の寝台の上で目を覚まします。家といっても、コンテナのような狭い木の箱のような小屋です。おまけに床は朽ちて抜けています。

粗末な寝台から降り、ストーブに火をつけようとしましたが、もう石炭はありません。パンもミルクもからっぽです。お金を入れておく鍵のついた大切な小箱を開けると、何も入っていませんでした。

おばあさんはアコーディオンを背負って家を出ました。外は一面の雪です。寒いけれど、おばあさんには手袋もありません。

おばあさんは町へ向かって歩きます。今日はクリスマスイブなのです。途中にある小さな教会の中をのぞくと、帽子をかぶったおじいさんが、ちょうど馬小屋の場面の人形を並べていました。

町には人がたくさんいました。モミの木や大きな箱や紙袋など、みんなたくさんの荷物を抱え、忙しそうに歩いています。だからなのでしょうか。カフェのウインドウの前でおばあさんがアコーディオンを弾いても、誰も気づこうとはしません。カフェのお客さんが何度も変わる間、おばあさんはずっとアコーディオンを弾いていました。とうとう疲れて、おばあさんは座り込んでしまいました。カフェのお隣は、質屋でした。おばあさんはゆっくりと立ち上がり、質屋の重い扉を開けました。

アコーディオンを売れば、クリスマスイブにパンとミルクくらいは食べられます。でも、明日はどうするのでしょう?明後日は何を食べるのでしょう?・・・いいえ、おばあさんには、明日よりも今日、今、この時、空腹を満たすことの方が大切なのです。大切なアコーディオンが、たった一枚の紙幣になりました。おばあさんはその紙幣をていねいに小箱に入れると、寒い外へ出て行きました。

その時のこと。マスクで顔の半分を覆ったバイクに乗った男が、おばあさんの全財産をひったくって逃げて行きました。なんということでしょう。でも、どうにもなりません。おばあさんはとぼとぼと、家へ向かって来た道を戻ります。

行きがけにのぞいた教会の前を通りかかると、なんと先ほどのひったくりが教会の献金箱を盗んで出てきたのです。どこにそんな力があったのでしょう。おばあさんは夢中で男に立ち向かい、献金箱を奪い返しました。

教会の中に入ると、馬小屋はめちゃくちゃです。マリアもヨセフも東方の三博士も、生まれたばかりの赤子まで、床に投げ捨てられていました。おばあさんは馬小屋をあるべき姿に戻し、献金箱を馬小屋の前に置くと、静かに教会から出て行きました。

おばあさんは雪の中をよろよろと歩きます。空腹で、おまけにさっき、残っていた全ての力を使ってしまいました。もうこれ以上は歩けません。立っていることさえできません。ばたりと、おばあさんは雪の中に倒れてしまいました。

おばあさんは死んでしまうのでしょうか?
いいえ!もちろん、これからミラクルがはじまるのです。
でも、これは「奇蹟」なんでしょうか?正しい者に起こるべくして起きた出来事のように思えます。
ともあれどんな奇蹟が起きるのか、ピーター・コリントンの表情豊かな絵に、自分でおはなしをつけて楽しみます。(字のない絵本です)

今年もまた、メリークリスマス!

d0116262_2137226.jpg

[PR]
by haruno-urarano | 2010-12-22 12:47 | 翻訳絵本

おりこうねこ

今日の絵本はこちら。

d0116262_1528677.jpg


  「おりこうねこ」
 ピーター・コリントン 作・絵
  いずむら まり 訳
  2000年 徳間書店 








褒められて嬉しいのは、子どもだけじゃないでしょ?
大人だって同じだし、だから、ねこだって同じ!

ねこのシマシマは、毎朝毎朝、飼い主さんがご飯をくれるのを待っているんだけど、
この家の人はね、みーーーんな忙しいの。

「どいて、どいて!」
「あとでね」
「じゃま、じゃま!」

こんな言葉ばかり投げかけられて、挙句の果てには・・・

「ごはんくらい、自分でしたくできないのかしら、ぐうたらねこねえ」

・・・こんな家で飼われるくらいなら、私だったらノラ猫を選ぶね!

そんなシマシマも、ついに我慢できなくなって、

とうとう・・・

自分でキャットフードの缶詰を開けて食べ始めたの!!

飼い主一家の驚きの顔!

d0116262_15455072.jpg


「こんなにおりこうだったなんて」 「すごい!」 「おりこうだこと」

シマシマへの評価は一変したのです。

おりこうになったシマシマは、キャッシュカードを渡されて、自分で買物をしました。
近所の人たちも、おりこうなシマシマに感心することしきりです。

シマシマはシマシマで、褒められて自信とやる気が満々です。
もう今までみたいな、猫背のねこじゃ~ないよ!
背筋もピーンと伸びちゃって、昼寝しかすることのない他のねこを見下ろします。

レストランでお食事・・・
今まであんなまずいキャットフードを食べてたなんて!!

ショッピングでしょ、映画鑑賞でしょ、ゲームでしょ、テニスでしょ・・・
こんな楽しい暮らしがあったなんて!!

昼寝なんて、ぐうたらねこのすること。時間のムダさっ!!

と・こ・ろ・が・・・

ある日シマシマは、飼い主さんからキャッシュカードを取り上げられてしまったのです!
それだけではありません。シマシマがおりこうなことを理由に・・・

「今まで使ったお金は返してもらうよ」
「部屋代も払ってもらうわ」
「仕事を見つけてきてちょうだい」

シマシマは働きました・・・
朝から晩まで。クタクタになるまで。休みもせずに。。。
疲れて家に帰っても、自分でご飯の支度をして、片付けもしなくてはなりません。

稼いだお金は、飼い主さんへの支払いを終えると、キャットフードを買えばもう終わりです。

シマシマは疲れて疲れて疲れて・・・
ついに寝坊をして、仕事をクビになってしまいました。

なのに飼い主さんは、
「別の仕事をさがすんだね。もっとかせいでもらわなくちゃ」

シマシマはさめざめと泣きました。

そして家の外に出てみると・・・
他のねこたちが、のんびり昼寝をしていました。

シマシマは
「ほんとうのおりこう」
に、やっと気づいたのです・・・。

良い子のお友だちのみなさん!
「おりこうね」、なんていう大人の言葉の罠にはまらないように。
良い子の大人のみなさん!
「君には期待しているよ」、なんていう上司の言葉の罠にはまらないように!

さあ、このシマシマの教訓物語を読んで、
「ほんとうのおりこう」に、なりましょうねっ!!
[PR]
by haruno-urarano | 2008-02-23 16:20 | 翻訳絵本

天使のクリスマス

今日の絵本はこちら。

d0116262_22345836.jpg

         「天使のクリスマス」 ピーター・コリントン/さく 1990年 ほるぷ出版



うひゃ~!今年も残り20日余りになってしまいました!

大好きな絵本のことを書きたいと思い、ブログを作ってみたものの、
仕事に追われ・・・一箇月もほったらかしになってしまいました!

クリスマスに向けて色々出したい本があったのですが、
読み返す時間もない!

で、奥の手でこの絵本。でもとっておき。絶対にお奨めの絵本。
私はこの本でピーター・コリントンに出会ったのですが、
最初は正直、可愛くない絵だな~と思いました。
でもその可愛くなさ(?)に、すっかりハマッテしまうのです。
今では大好きな絵本作家の一人です。

是非是非、手にとってお読みください!「心」でね!

なぜってこれは 字のない絵本。

冬の静かな夜に 字のない絵本を静かに読むと
冬の夜が 一層しんしんと更けてゆくようです・・・。

天使に導かれてサンタがクリスマスのお仕事をする様子が、
マンガのようにコマ割りで描かれています。

「サンタの危機」の顔を見てください!スリル満点です!?
お話をつくるのは・・・自分です。

愉快でステキな、クリスマスのお話ができますように!

祝!聖誕快楽!
[PR]
by haruno-urarano | 2007-12-08 23:16 | 翻訳絵本