ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ユリア・ヴォリ ( 1 ) タグの人気記事

ぶた ふたたび

今日の絵本はこちら

d0116262_17505512.jpg

                         「ぶた ふたたび」  ユリア・ヴォリ
                        森下圭子 訳   2004年  文渓堂    



暖冬だなんて油断をさせて、こんな寒い冬には久しぶりに行き会ったよ。
でも今日はポカポカで、ジャンバーを着ていたら暑いくらいだった。
あしたはもっとあったかいんだって。
そんでもってあさってになると、ヤレヤレ、また寒いんだとさ。
困ったもんだね。でもまあ冬さ。


だけどもう、水仙もロウバイも寒梅も咲いてるよ。
そうだ。今年もメジロを探しに行くんだ!楽しみだな!


でも森はまだ、冬枯れ。
冬枯れの森は・・・けっこう好き。
色が少なくて寂しくないかって?


全然。
ほら、こんなににぎやか。

d0116262_1801121.jpg



冬の森をカンバスに、絵本の花を咲かせてみるのは面白い。
森中がポータブル絵本ギャラリーに早変り。
手提げ袋の中に、あれもこれもとギュウギュウに絵本を詰め込んで、
あっちの木の枝、こっちの根っ子に絵本を並べてニタニタ~~ってする。
時々遠くの方に、不思議そうにこちらの様子を伺っている人がいる。
ちょっと怪しい人に見えるのかもね。
あれ、針路を変える人もいるよ。何もしないってば。


この絵本は、冬の森ギャラリーに飾るのに特にぴったりな一冊。
一瞬にして春がきたようになる。なんて明るい春なんだ。
それとも南国かな。


d0116262_18275495.jpg



そう南国。
こんな鮮やかな色を使うのは、きっと南国の画家に違いない。
ところがどっこい。


地球のはるか北の彼方の、フィンランドに生まれた画家が、
ずっとずっと南に暮らす私たちに、
冬というのに、春を届けてくれたんだ。
[PR]
by haruno-urarano | 2010-01-19 17:52 | 翻訳絵本