ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

タグ:片山健 ( 2 ) タグの人気記事

やまのかいしゃ

2011年度の新入社員が選ぶ理想の上司は、
男性は池上彰さん 女性は天海祐希さんがトップだったそうな。


ふむふむ、なるほど・・・。


ではこっそり聞きたい。あなたの理想とする会社って、どんな会社ですか?


世界的に有名な会社とか?
自分の能力を発揮できる会社とか?
給料のよい会社とか?
休みの多い会社とか?
仕事が楽チンな会社とか?
福利厚生の厚い会社とか?
自由な気風の会社とか?
潰れる心配のない会社とか?


それからええーっと・・・
ま、いろいろあると思うけど、


私の理想の会社はね・・・


ふふふ。


それはもちろん、こんな会社だよ♪


今日の絵本はこちら


d0116262_0173098.jpg

                  「やまのかいしゃ」 作/スズキコージ 絵/片山健
                             1991年 架空社



スズキコージ、架空社、片山健という組み合わせだけみても、
これがフツーの会社じゃないのが、すぐにわかっちゃうよね。
だいたい、ズキンが絵を描いていないズキンの絵本なんて、私はこれしか知らない。



「ほげたさん」は今日も今日とて寝坊をして、昼過ぎに会社へ向かって家を出ました。
駅までペタペタ歩きながら歯をみがき、洋服の袖で顔をふき、
駅のプラットホームへ入るとすぐ、やってきた電車にとび乗りました。


d0116262_827284.jpg



電車の中で朝ごはんのおむすびを食べようとしたら、
あららトイレのスリッパを履いてきてしまったことに気づいてあきれてしまい、
それでもおむすびを食べたらなんとおむすびの中に腕時計が入っていて、
おもちゃを持ってくればよかったなあと窓の外を見ると鮮やかな緑の森が見えたりして、

d0116262_8374154.jpg



ほげたさんの会社はビルがぎっしりつまった町の中にあるのに、
電車はどんどん山の中へ入って行くのでおかしいなあと思いながら考えていると、
そうだメガネもカバンも忘れてきたことに気づき、
外のすばらしい山の景色をぼんやり見ていると、
電車はやがて終点の山の奥の駅に着いたのでした。


d0116262_8384532.jpg



こうなったら今日は山の会社へ行くことにしようと決めたほげたさん、
山をどんどん登っていくと、
向こうから会社に行くかっこうの人が下りてきて、
よく見ると同じ会社の同僚の「ほいさくん」で、
ほげたさんはあきれて「今ごろ会社に行くなんて大丈夫かい?」なんて言ったりして、
それで二人は一緒に山の会社に行くことにして、
山の頂上に着いた二人はそこをすっかり会社と思い込んで仕事を始めるうち、
あんまり空気がおいしいのでいいことを思いつき、
町の会社のみんなを呼んでここで仕事をしようじゃないかと無線電話をかけると、
町の会社の社長はさっそくみんなを引き連れて山の会社にやってきました。


d0116262_8501070.jpg



社長さんは山の会社がたいそう気に入り、
翌日からは山のてっぺんで新鮮な空気を吸い込んで体操をしたり仕事をしたりしていたけれど、
やがて山の会社が全然儲からないことがわかったので、
社長さんはナイスな決定を下しました。


d0116262_855102.jpg



どんな決定か、それは読んでのお楽しみ。

理想的な会社は理想的な社長によって作られるんだね~。
[PR]
by haruno-urarano | 2011-04-23 18:54 | 日本の絵本

もりへいったすとーぶ

今日の絵本はこちら。

d0116262_13145129.jpg




「もりへいったすとーぶ」
神沢利子・文 / 片山健・絵
1999年 ビリケン出版







すっかり春ですね~。
そろそろストーブは店じまいでしょうか?

***** ***** *****

夏の間、ヒマを持て余しているすとーぶくん。
そうだ、仕事を見つけて働こう!

・・・と思ったのに、

どこへ行っても嫌われちゃって、悲しくなります。
あ!大変!ごみ収集車に突き飛ばされた!

ゴロゴロ ゴロゴロ 転がって、気を失ったすとーぶくん。

気がつくと、そこは もりのなか・・・。

 ***** ***** *****

すとーぶくん、森の暮らしはどうですか?
冬になったら、帰ってきてくれるかなぁ・・・?

こんなストーブを、昔はよく見ましたね。
パンを焼いたり、お芋を焼いたり、コトコト煮物を煮詰めたりと大活躍でした。
今はみんなファンヒーターです。
危険は少ないけど、光熱費は多くかかります。

すとーぶくん、冬までゆっくり遊んでおいで!
[PR]
by haruno-urarano | 2007-04-14 12:51 | 日本の絵本