ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

タグ:田島征三 ( 1 ) タグの人気記事

ひとのいいネコ

今日の絵本はこちら。

d0116262_10313598.jpg


  「ひとのいいネコ」
 田島征三・絵 / 南部和也・文
  2001年 小学館







ネコと言えばフツー「気まぐれ」「わがまま」に決まってますがニャ。
「ひとのいいネコ」・・・なんているかなぁ~?

ところがいるんです、ここに。

名前は「ホルス」、
困っている人を見ると助けずにはいられない、
「水戸黄門」のようなネコなのです。

お年寄りネコにはネズミを捕ってあげ、
妊婦ネコにはセッセと魚を運んであげる、
模範的ネコちゃんです。

そんなホルス、ある日森の中で、行き倒れているノミを見つけました。
「おなかがすいて、しにそうです。少しだけ、あなたの血を・・・」
弱々しいノミの声に、
「それはお困りでしょう」と、背中を差し出すホルスです。
おまけに
「礼にはおよびません。ボクは人助けができれば嬉しいのです」
とは、「水戸黄門」の見すぎじゃないの~?

一命をとりとめたノミは、たまごを十個生みました。

一ヵ月後、
ホルスは森でお腹をペコペコにしている、あのノミと十匹の子ノミに会いました。
人助けの好きなホルス、
「少しずつなら、いいですよ」

また一ヵ月後、
ホルスは森で、腹ペコのあのノミと、
十匹の子ノミと、百匹のまごノミに会ってしまいました。
「そ、それはお困りでしょう。ひと口だけなら・・・」

そしてまたまた、一ヶ月経ちました。
ホルスは森で、しにそうなくらい腹ペコの、
あのノミと、十匹の子ノミと、百匹のまごノミと、千匹のひまごノミに・・・

この時のホルスの顔ったら!!
どうする、ホルス・・・?

さんざん笑いながら、「親切とは何か」について、ちょっぴり哲学しちゃいます。

絵本のカバーに、こんなシールが貼ってあります。
d0116262_11104755.jpg

・・・私ならどうするかって?
そりゃ初めから「プチッ」とするに決まってますがニャ。
[PR]
by haruno-urarano | 2007-07-03 11:43 | 日本の絵本