ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

タグ:絵本 ( 88 ) タグの人気記事

こどものとも復刻版

古本で「こどものとも復刻版 創刊号~50号」を手に入れた。

d0116262_9455477.jpg

           こどものとも復刻版(創刊号~50号) 1989年 福音館書店


4冊欠けているのだけれど、値段も安かったので、思い切って買ってしまった。

ちょっと開いて、わくわく。

d0116262_9505365.jpg


ここまで開けると、どきどき。

d0116262_95452.jpg



「こどものとも」の月刊本は、自分の子どもの頃にはあったけれど、
大人になるまで触れた記憶がない。今も特に意識して見ることは滅多にない。
ハードカバーになって出版された絵本は随分読んでいるし、持ってもいるけど、
特に「こどものとも」だから選んでいるわけではない。
だから、4冊欠けている復刻版でも、さほど気にせず購入した。


だけど、46冊をど~んと広げてみたら、
ひどく興奮。

d0116262_1062070.jpg


もう、やられてしまった。
今は4冊欠けているのが、口惜しくてたまらない。

第1号の表紙、この一冊だけで、もうノックアウトされてしまった。

創刊号から50号までは、自分の生まれる前の時代。
今もハードカバーで手に入る数少ない絵本を除いては、はじめて目にする絵ばかり。
1956~1960年までの、レトロ感あふれる作品ばかり。
大好きな世界だったのだ。

なんと!
「ぞうのたまごのたまごやき」も「おしゃべりなたまごやき」も、
ハードカバー絵本とは絵が違うんだ!
以前、赤羽末吉の生誕100年展で、「スーホーのしろいうま」の絵が違ったのを見て驚いたが
(そして前の絵の方が好きだと思った)
なんだ、そういう本が、けっこうあるんだ!

欠けている4冊の中に、これは見たかった!と思う号があって本当に残念。

次の51~100号も、見たい本がたくさんある。
なんと90号は、北杜夫が話を書いている!!!これは絶対買わなくちゃ~。
でも正規の新書価格は高くて買えない。お金をためて、また古本を探すぞ!


福音館こどものとも復刻版の内容は → こちら
[PR]
by haruno-urarano | 2013-07-01 10:36 | 日本の絵本

ガッタンゴットン

今日の絵本はこちら

d0116262_17403059.jpg

                     「ガッタンゴットン」 スズキコージ
                              2006年 平凡社
  

「ガッタンゴットン」という列車の音が好き。

夜汽車に乗って「ガッタンゴットン」
心地よい響きを枕に、わくわくしながら旅に出た。
朝方止まった駅のホームで蕎麦や駅弁を朝食にした。
生まれて初めて乗った寝台列車は3段目で、
嬉しくて嬉しくて眠れなかった。

ローカル鉄道を「ガッタンゴットン」
列車の窓を開けて沿線で見かけた人に手を振ると
ほとんどの人が手を振り返してくれた。
学ラン姿で自転車にまたがった高校生の集団が特に面白かった。

次の列車まで何時間もあるときは
隣の駅まで線路伝いに歩いて行った。
「ガッタンゴットン」貨物列車が近づくと
線路脇によけて運転士さんに手を振った。
ほとんどは「ポッポ~~~」と、汽笛の返事がかえってきた。

また「ガッタンゴットン」の旅がしたい。

 

一両編成の貨物列車の運転士はトナカイさん。
北の国からりんごを積んで、
クマに押されてガッタンゴットン出発進行!
行き先は・・・どこだろう?
アラビア風の建物だなぁ。でもこの火山はアフリカみたいだなぁ。
途中で貨物が増えていく。
おや、いきものも増えていく。
ガッタンゴットン
停車駅は「ハベラスト ランパ」と「ハベラスト ソンテ」
「ハベラスト」って何て意味だ?どこにあるんだ?
わかれば行ってみたいなぁ。
ガッタンゴットン
山あり谷あり川あり
そしてついに海に出た。
その先はどうやって・・・?
[PR]
by haruno-urarano | 2013-04-26 17:40 | 日本の絵本

天才バカボンの幸福とは今日もおひさまが昇ること

今日の絵本(?)はこちら

d0116262_1111592.jpg

                「天才バカボンの幸福とは今日もおひさまが昇ること」
                    絵 赤塚不二夫  文 杉田淳子
                         2012年 飛鳥新社

 
最近つくづく思ったことがある。
「これでいいのだ!!」って、何て素晴らしい言葉だろう。

そしたらこんな本があるのを知った。
さっそく購入ボタンを押して、ワクワクしながら届くのを待った。


d0116262_11181464.jpg


笑った笑った。すごく笑った。
すぐに友達に教えてあげたくなった。

本を開くと、
右ページには「幸福とは・・・」の定義がひとつ、
左ページには言葉に合わせたバカボン漫画の1コマが。

「幸福とは今日もおひさまが昇ること」
「幸福とは新しい自分と出会うこと」
「幸福とは思いがけずに生まれたひまな時間」
「幸福とはいつかかなう夢を持つこと」

・・・なんだ結構普通の言葉じゃないか、と思うでしょ?
漫画を見てごらん、何度読んでも笑えるよ。

それでいながら唸らせる。
やっぱりバカボンは天才なのだ。
うん、やっぱり、「これでいいのだ!!」

たった1000円で、心スッキリ。
お勧めの一冊です。

声に出して読んで、自分の笑い声を聞くのも、またいい。
[PR]
by haruno-urarano | 2013-03-28 11:32 | 日本の絵本

黒グルミのからのなかに

今日の絵本はこちら

d0116262_183316.jpg

                         「黒グルミのからのなかに」
          文 ミュリエル・マンゴー  絵 カルメン・セゴヴィア  訳 ときありえ
                          2007年 西村書店 


昔、人の寿命を蝋燭の火にたとえた話を聞いたことがあった。
「まんが日本昔ばなし」だったような気もするし、そうではなかったような気もする。
すべての人には、それぞれに寿命の蝋燭があって、
その人の蝋燭の火が消えるとき、その人の命が終わる。

西洋では、よく死神が登場するけれど、
この物語は、スコットランドの民話をもとに書かれた話。

母と二人きりで暮らしていた少年が、ある日、母に告げられた。
自分はもうすぐ死ぬと。死神が自分を連れに来るのだと。

少年は外で、黒いマントに身を包んだ老婆に出会った。
死神が、母の命をひきとりに来たのだ。

少年は死神にとびかかり、鎌を奪い取り、死神をたたきつけた。
たたくたびに死神は小さくなり、最後は少年のげんこつの中に握られるほどの大きさになった。
少年はそれを、足元にあった大きな黒グルミの殻の中に押し込んで、小枝をさしてふたをした。
そしてその黒グルミを、海に向かって放り投げた。
それで少年の母は、死なないことになった。

しかし死なないことになったのは、少年の母だけではなかった。

オムレツを作ろうと卵を割ろうとしたが、卵は決して割れなかった。
それでは野菜スープを作ろうと、畑で野菜を抜こうとしたが、
じゃがいもも、ねぎも、にんじんも、かぶも、どうやっても抜けなかった。
魚を買いに行ったら、漁師たちは、今日は一匹の魚もあがらなかったという。
肉屋は肉屋で、子ウシを殺そうとしたが、うまくいかなかった。
農夫は麦の刈り入れができなくなってしまった。

世の中のすべてのものが、死ななくなった。少年のせいだった。

少年は自分が死神を黒グルミの中に閉じ込めたことを母に話した。
母は、生きているものがもつ、ただひとつの掟を少年に教えた。
すべての命には、終りがある。死神を探し出して、すべてを自然の流れに戻すのだと。

少年は母の言葉に従って、死神をみつけに行った。
カモメに尋ね、カニに聞いて、やっと黒グルミをみつけた。
死神を黒グルミの殻から出して、鎌を死神に返した。
これで命は、自然の流れに戻るようになる。
ただし死神は、少年に自由にしてもらったお返しをすることにした。



昨年、友が突然死した。
蝋燭の火が消えたのか、死神に連れて行かれたのか。今も受け入れられずにいる。
終わらない命がないことは、とっくに知っている。
知っているけど、わかることは難しい。
命が終わるのは、早いか遅いか、時間の問題だけなんだけど。
[PR]
by haruno-urarano | 2013-03-21 18:54 | 翻訳絵本

「おへそがえる」復刊決定!!

大好きな大好きな大好きな おへそがえるのごんちゃんが、
ついに福音館から復刊されることに決定!

d0116262_1963837.jpg


こんな嬉しい日が来るなんて!願い続けた甲斐があった!

つい先日、安野さんの「旅の絵本」の日本編が出るって知ったばかりなのに、

今月はまったく、なんてなんてなーんてツイテルんだ!!

復刊ドットコムに寄せられた「おへそがえる・ごん 全3巻」のリクエスト数は148票だったって。もちろん私の清き一票も入ってるよ!

それだけじゃない。2年前だったか、購入した絵本が破れていたので福音館書店に交換してもらったとき、ごんちゃんを復刊してくれって直談判だってしたんだからっ!!

とにかくとにかく、モーレツに嬉しい。

5月には安野さんの旅の絵本。6月にはごんちゃん全3巻。

今年の上半期はゴキゲンに過ごせそう。

福音館の告知ページ→ おへそがえるごん 2013年6月復刊予定
[PR]
by haruno-urarano | 2013-03-18 19:18 | 日本の絵本

「旅の絵本」、ついに日本へ!!

安野さんの「旅の絵本」シリーズが
やっとやっとやっとやっと、やーーーーーーーっと、日本へ来る!

d0116262_1051379.jpg



この日が来るのを何十年も待っていたんだ。ほんとだよ。

出会ったその日から夢中になって、もう何百回見ただろう。
某国に暮らした時は安野さんの絵本も数冊持って行ったけど、
「天動説の絵本」の他に、「旅の絵本」も絶対に外せなかった。


d0116262_10275081.jpg


やっぱり思い入れが一番強いのは1と2だけど、
アメリカ編にセンダックが出てきた時には跳び上がって喜んだっけ。

でもそれからの20年、なぜか新しい旅に出なかった。
もう終わっちゃったのかな。せっかくヨーロッパを出たのだから、
アメリカ経由で日本に来ればいいのに、と思ってた。

20年ぶりに旅したのは、情熱の国だった。
情熱に駆られたのか、翌年も旅に出た。人魚姫の国だった。

次はどこかな。早く日本に来ればいいのにと、ずうーっと願ってた。

先を越されたというか、次は中国だった。でも感激した。
やった、アジアに来た!!!

d0116262_10323783.jpg



次こそ、今度こそ、早く日本に来て!ずっとずっと思ってた。

念願かなってこの5月、とうとう出ます、「旅の絵本VIII 日本」


  → 福音館書店 ついに、日本の旅へ! <『旅の絵本VIII』2013年5月下旬刊行予定>


5月の日本、旅には絶好の季節。私も今年は旅に出よう。

それにしても長かった。でも願いは叶った。

安野さん、次はどこですか?これからも願い続けます。
[PR]
by haruno-urarano | 2013-03-11 10:06 | 日本の絵本

シャカ

長い間ほったらかしになってしまった。

毎日疲れて、何もする気にならない。

とりあえずお盆も近いし、こんな絵本があるんだよってことで。



今日の絵本はこちら。


d0116262_22473066.jpg

              「シャカ」 油野誠一  2005年 福音館書店


釈迦の生涯を描いた絵本です。


ああ~、ネパールに行きたいなぁ。
インドも、パキスタンも、ブータンも、ミャンマーも、それからスリランカにも行きたい。

d0116262_22482630.jpg


でもとりあえず、奈良に行きたい。


そうそうこの絵本、かなりの大型本なのだけど、お値段なんと1500円。
このサイズでこのページ数で、しかもこの内容なら、普通2000円はすると思うけど。

お求めやすいお値段です。
お釈迦様の生涯の入門書に、ぜひどうぞ!

あら、油野誠一さんって、大分県臼杵市の出身なんだ!
大好きな国東半島~!国東にも行きたい!

  油野誠一さん公式サイト
[PR]
by haruno-urarano | 2012-08-10 22:55 | 日本の絵本

おみせ

今日の絵本はこちら

d0116262_18175169.jpg

                  「おみせ」 五十嵐豊子 1980年 福音館書店



日本各地でスケッチされた、懐かしい「おみせ」がいっぱいの絵本。
駄菓子屋、荒物屋、魚屋、おもちゃ屋、洋品店、果物屋・・・
木造で、瓦屋根で、ビニールの日除けがあって、
店先には赤い公衆電話と10円のガチャガチャがあって、
煙草売りのお婆さんがいて、野球帽をかぶった子どもがいて、
唐草模様の風呂敷包みを担いだ商売人がいて、
乳母車を押すお母さんがいて、自転車に乗った牛乳配達人がいて、
下駄を履いたおじさんがいて、割烹着を着たおばさんがいて、
そうそう、なぜか家の中に車がしまってあるけど、そういう家が、近所にもあった。

1980年なんて、そんな昔じゃないように思うけど、もう31年も前のことなんだ。
31年前、この細い路地にも、たくさんの「おみせ」があったっけ。

d0116262_18484574.jpg


ここは靴屋が2軒、隣同士にあったところ。
ここは帽子屋さん、それから旅館、そうだ麺のお店も2軒あった。
そうそう、この通りには魚屋さんが確か3軒あって、
私は高校生の頃、生の魚のにおいが苦手で、
いつも自転車で魚屋の前を通る時は、息を止めて全力で走ったっけ。
ここは団子とお稲荷とのり巻の店だった。友達が小さい頃、
母親と妹と一緒にこの店で食事をして、さて支払いの時になったら
お母さんが財布を忘れていて、家にお金を取りに帰るのに、
友達一人が人質として店に残されて大泣きしたっていう思い出の店。
ここは何の店だったかな。思い出せないや。
今でも建物は残っているけど、「おみせ」をやっているところはほとんどない。

d0116262_1853143.jpg


この絵本に載っている「おみせ」の中で、今でもやっている「おみせ」は、いくつあるのかな。

d0116262_19983.jpg



あの頃できた市街地の新しいショッピングセンターは老朽化し、
近頃できた郊外の大型ショッピングセンターにお客を取られてなくなった。
あと数十年すぎたとき、街はどんな顔をしているだろう。
[PR]
by haruno-urarano | 2011-09-02 18:18 | 日本の絵本

チョコレートをたべた さかな

今日の絵本はこちら

d0116262_1773151.jpg

                        「チョコレートをたべた さかな」
                      みやざきひろかず 1989年 BL出版



セピア色のさかなは
さかなでいることに 満足していた

あるひ
人間の少年が落とした 
茶色のちいさな カケラを 
口にするまでは

さかなはそのカケラを食べたひから
さかなでいることが つらくなった

ひるも よるも どこにいても あたまのなかは
ちゃいろのカケラのことで いっぱいだった

でも さかながさかなでいるあいだ
二度と ちゃいろのカケラを
食べることは なかった



もう20年以上も前になるだろうか。
県の養蚕関係の職場に配属された友人に、面白い話を聞いた。
何でも蚕に、桑の葉の代わりに、りんごを与えることにしたそうだ。
りんごの香りの絹糸を採る実験だったのか、
本当にりんごだったのか、それともみかんだったろうか、
その辺はよく覚えていないが、とにかく果物を食べさせたと記憶している。
居合わせた一同、蚕が果物を食べることに驚いた。
毛虫や芋虫のたぐいのものは、葉っぱしか食べないと決めつけていた。
そりゃ葉っぱより、虫だってりんごの方が旨いのだろう・・・
と思ったら、違うらしい。
桑の葉とりんごを一緒に与えると、桑の葉ばかり食べて、りんごは食べないそうだ。
「やっぱり蚕は蚕だね。」と言って、みんなで笑った。

蚕はりんごをお気に召さなかったようだけれど、
それは蚕のためには良かったと、私は思う。
もしもりんごの旨さに夢中になっていたら、
蚕は繭になるのを忘れたかもしれない。
それとも繭の中で、りんごの味を求めてもがき苦しむかもしれない。
もしも来世があるなら、蚕は人間に生まれてしまうかもしれない。
そして人間になってしまったら、蚕はきっと、りんごだけでは飽き足らないだろう。

でも
もしも蚕に与えていたのが、チョコレートだったら・・・
[PR]
by haruno-urarano | 2011-06-18 17:08 | 日本の絵本

やまのかいしゃ

2011年度の新入社員が選ぶ理想の上司は、
男性は池上彰さん 女性は天海祐希さんがトップだったそうな。


ふむふむ、なるほど・・・。


ではこっそり聞きたい。あなたの理想とする会社って、どんな会社ですか?


世界的に有名な会社とか?
自分の能力を発揮できる会社とか?
給料のよい会社とか?
休みの多い会社とか?
仕事が楽チンな会社とか?
福利厚生の厚い会社とか?
自由な気風の会社とか?
潰れる心配のない会社とか?


それからええーっと・・・
ま、いろいろあると思うけど、


私の理想の会社はね・・・


ふふふ。


それはもちろん、こんな会社だよ♪


今日の絵本はこちら


d0116262_0173098.jpg

                  「やまのかいしゃ」 作/スズキコージ 絵/片山健
                             1991年 架空社



スズキコージ、架空社、片山健という組み合わせだけみても、
これがフツーの会社じゃないのが、すぐにわかっちゃうよね。
だいたい、ズキンが絵を描いていないズキンの絵本なんて、私はこれしか知らない。



「ほげたさん」は今日も今日とて寝坊をして、昼過ぎに会社へ向かって家を出ました。
駅までペタペタ歩きながら歯をみがき、洋服の袖で顔をふき、
駅のプラットホームへ入るとすぐ、やってきた電車にとび乗りました。


d0116262_827284.jpg



電車の中で朝ごはんのおむすびを食べようとしたら、
あららトイレのスリッパを履いてきてしまったことに気づいてあきれてしまい、
それでもおむすびを食べたらなんとおむすびの中に腕時計が入っていて、
おもちゃを持ってくればよかったなあと窓の外を見ると鮮やかな緑の森が見えたりして、

d0116262_8374154.jpg



ほげたさんの会社はビルがぎっしりつまった町の中にあるのに、
電車はどんどん山の中へ入って行くのでおかしいなあと思いながら考えていると、
そうだメガネもカバンも忘れてきたことに気づき、
外のすばらしい山の景色をぼんやり見ていると、
電車はやがて終点の山の奥の駅に着いたのでした。


d0116262_8384532.jpg



こうなったら今日は山の会社へ行くことにしようと決めたほげたさん、
山をどんどん登っていくと、
向こうから会社に行くかっこうの人が下りてきて、
よく見ると同じ会社の同僚の「ほいさくん」で、
ほげたさんはあきれて「今ごろ会社に行くなんて大丈夫かい?」なんて言ったりして、
それで二人は一緒に山の会社に行くことにして、
山の頂上に着いた二人はそこをすっかり会社と思い込んで仕事を始めるうち、
あんまり空気がおいしいのでいいことを思いつき、
町の会社のみんなを呼んでここで仕事をしようじゃないかと無線電話をかけると、
町の会社の社長はさっそくみんなを引き連れて山の会社にやってきました。


d0116262_8501070.jpg



社長さんは山の会社がたいそう気に入り、
翌日からは山のてっぺんで新鮮な空気を吸い込んで体操をしたり仕事をしたりしていたけれど、
やがて山の会社が全然儲からないことがわかったので、
社長さんはナイスな決定を下しました。


d0116262_855102.jpg



どんな決定か、それは読んでのお楽しみ。

理想的な会社は理想的な社長によって作られるんだね~。
[PR]
by haruno-urarano | 2011-04-23 18:54 | 日本の絵本