ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

うぐいすひめ

今日のお話はこちら。

d0116262_22555052.jpg

 オールカラー版 世界の童話8
     「日本の民話」
   昭和42年 小学館

  より、

    「うぐいすひめ」
 蕗谷虹児・絵/西山敏夫・文








大好きな梅の季節になるたびに、このお話を楽しみます。
幼い頃から数十年、心に焼き付けた美しい絵と共に・・・。

d0116262_21305632.jpg

春のうららかなある日、川へ釣りに来た太郎は、
ポカポカの陽気につられて歩くうち、道に迷ってしまいました。

ふと
どこからか、美しい歌声が聞こえてきます。

声の方へ歩いて行くと、女の子が洗濯をしながら歌をうたっていました。
辺りは梅の花がいっぱいで、良い香りがしました。

太郎は、女の子の家で休ませてもらうことにしました。
女の子の家はとてもきれいで、家の中にまで
梅の香りが漂っていました。

女の子は太郎に留守番を頼み、町へ買物に出かけました。

d0116262_21461639.jpg

出かける前に、二人はひとつの約束をしました。

「そのたんすの引き出しの中は、絶対に開けて見ないでください。」
「わかりました。決して開けたりいたしません。」

けれど太郎は・・・・
「ちょっとぐらい、いいだろう・・・」

d0116262_21504492.jpg

一段目には一面に緑の苗代が、風にそよそよ、そよいでいました。

「次の引き出しは何だろう・・・」

そこでは小さな小さなお百姓さんが、
稲を植えるために、田を耕していました。

「次は何だろう・・・」

あまりの不思議さに、太郎は約束などすっかり忘れ、
次々と引き出しを開けて見てしまいました。

最後まで見てしまったあと、
太郎はハッと気がつきました。
「大変なことをしてしまった。見ないと約束をしたのに・・・」

女の子は帰って来ると、
両手を顔に当てて泣きました。

「秘密のたんすを見られては、もうここには居られません」

女の子はそう言うと、外へ駆け出して行きました。

太郎が女の子を追って外へ出ると・・・
女の子の姿は消え、

d0116262_2212736.jpg

「ほう ほけきょ、ほう ほけきょ」

一羽のうぐいすが、
遠くの空へ飛んで行きました。

「ほう ほけきょ、ほう ほけきょ」

太郎はハッとして目が覚めました。
釣り糸を垂れたまま、眠っていたのでした。

全てが夢でした。
はるのうららの、川のほとりで見た、一時の春の夢でした。

 ***** ***** *****

小学館から出ていたこの「世界の童話」シリーズには、
思い出のある方も多いと思います。
小学校の図書館や児童館に行くと、全巻が揃っていました。
私の家には20巻までしかなく、残りの巻が見たくて見たくて堪りませんでした。
当時の価格で一冊390円ですが、今の5000円くらいに相当するのでしょうか。
テレビも写真も「モノクロ」が普通だった頃、子どもの絵本に「オールカラー」採用とは、
何という素晴らしい企画だったのでしょう。
浜田廣介や村岡花子、蕗谷虹児、高畠華宵、松本かつぢ等等・・・錚々たる顔ぶれが
生み出した、日本の児童文学の宝・・・と、私は勝手に信じています。
日本の子どもがフランスの少女、カロりーヌに出会えたのも、このシリーズのお陰でした。

新発田市の蕗谷虹児記念館では、「うぐいすひめ」の原画にも会うことができました。


   
[PR]
by haruno-urarano | 2008-03-03 23:03 | おはなし | Comments(8)
Commented by milouxxx at 2008-03-09 23:10
昭和42年に発行されたとは思えない、きれいな絵の本ですね。
特に女の子の着物なんて、素敵。
「うぐいすひめ」のお話、知りませんでした。
デジャヴのようなこういうお話、私も好きです。
Commented by haruno-urarano at 2008-03-11 22:48
milouxxxさん、こんばんは!
私は昔、大正ロマン~昭和初期時代の児童文学のマニアでした♪この頃の挿絵は全て「美少年」と「美少女」で、和装の絵も洋装の絵も、どれもウットリする美しさでした。子供の頃、健在だった祖母が、たくさんの華やかな和紙を買い込んで、この少女のように綺麗な紙人形を、いくつもいくつも作ってくれました。
この金曜に東京に行くので、久々に弥生美術館に行って、夢二と華宵の絵を見てくるつもりです♪
Commented by uri at 2009-02-08 22:49 x
はじめまして。こんばんは。
小さい頃に読んだ、「引き出しを開けると田んぼがあって、小さい人が田仕事している」お話が、ここしばらく頭を離れず、ネットで探していたのですが、基本は同じでも、箪笥の引き出しではなく蔵だったり座敷だったり、中身も四季だったり12ヶ月だったりと、どうもぴったりのものが見つからず、ずっともやもやしていました。
私が昔読んだのは、まさにこの、小学館バージョンです。感激です。懐かしい絵柄にジーンとしました。同時に、こんなに、着物の柄まで美しい絵だったのかと、驚きました。いい本を与えてくれた両親に感謝です。
Commented by はるのうらら at 2009-02-09 17:41 x
uriさん、はじめまして~♪
こちらに辿り着いてくださっったこと、とっても嬉しいです。
この美しい絵とお話は、子供の心にも深く焼きつきますよね。
uriさんのお家にも、あったのですね、「世界の童話」。
家には20巻までありました。他には絵本類は買ってもらったことがなく、
いくつになってもこのシリーズばかり読んでいました。
私は他にも、高畠華宵の絵が大好きでした。
5年ほど前、ずーっと前から行きたかった「蕗谷虹児記念館」に
やっと行くことができまして、「うぐいす姫」の原画を見てきました。
何十年も昔の友達に会ったようで、幼い頃の自分の姿が見えるような気がして、なかなかその場を離れられませんでした。
今年も「うぐいす姫」を思う季節になりました。
ちょうどそんな季節に、uriさんからコメントいただけて、
なんだか特別に暖かい気持ちになれました。
どうもありがとうございました。

Commented by 瞬夏 at 2012-07-29 12:32 x
自分の記憶では「3段目の引き出しまでは開けてよい、けれど4段目の引き出しだけは開けてはいけない」でした。 曖昧なものです。
「ハンカチの上の花畑」みたいな箱庭小人の登場が印象的でした。
Commented by haruno-urarano at 2012-08-10 22:27
瞬夏さん、こんばんは。
むかしばなしには色んなバリエーションがありますから、
そういう話もあるのかも知れませんね。
私もタンスじゃなくて 襖を開けてはいけないという話を
読んだことがあります。
似たような話を読み比べるのも結構好きです。
Commented by ゆうこん at 2014-08-30 17:53 x
こんにちは(^_-)-☆

うぐいす姫のお話、大好きでした。この本、大人になって母がよその小さいお子さんにあげたので手元になくて、探していました。
この本で読んだうぐいす姫の絵が今でも鮮やかに目に焼き付いています。
今日、あとでUPする私のブログ記事にこちらのこのページをリンクさせてください。
「私の見たうぐいす姫を紹介されています」でご紹介させていただきたいと思います。
よろしくお願いします。
Commented by haruno-urarano at 2014-11-25 10:06
ゆうこんさま
今頃コメント確認しました。
遅くなるにも程がありすぎて、大変大変申し訳ありませんでした。
探していた本が見つかった喜びは大きいですよね。
私も何度も経験があります。
小学館のこのシリーズは、昔の図書館にはだいたいありましたが、今は古本で稀にしかないので残念です。
リンクありがとうございました!