ほん・ほん・絵本 

uraraehon.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

安野さん2018年6月新刊3冊

3月に92歳になった安野さん。
福音館書店から6月に3冊も新刊が出ました。

d0116262_18484828.jpg
「しりとり」は、月刊こどものとものソフトカバー。
ソフトカバーのこどものともは、ほとんど購入したことがないのだけれど、今回は迷わず購入。

「旅の絵本」は、旅人が前回日本に来たので、もしやこのままアジアを・・・
と思ったけれど、9冊目はスイスへ行ったのでした!
もちろんスイスに海はないから、旅人は陸路でスイスに入ります。
どうやらイタリアからやって来たらしい。(そこまでは何で来た?)
スイスの風景に隠された、または込められた、あれこれ。
「旅の絵本」もVまでは「絵」だけの本で、自分の力で絵の中に隠された物語を探していましたが、Ⅵのデンマーク編(というよりアンデルセン編という方がいいかな)からは、安野さん自身による解説が加わり、安野さんの思いとともに絵を旅することができるようになりました。
今回のスイス編は、解説がなければ自力ではほとんど旅ができませんでした。
スイスの山、町、村、そして歴史も少し。こうやって興味が広がってゆくのです。

そしてもう1冊、「かんがえるこども」。これはエッセーです。
安野さんのエッセーとしては、ずいぶん薄い本ではないかと思います。
いつでも安野さんの本は、考えさせられる本でした。
安野さんの本は、いつもあとがきから読みます。
何の本にだったか、確か安野さんは、あとがきを最初に書く、と書いてあったような気がします。それを読んだとき、自分が安野さんのあとがきを最初に読むのは、正しい安野さんの本の読み方だったんだ!と大喜びしました。

安野さんが学校の先生をしていたころ、もしも自分がその学校の生徒で、安野さんに教えてもらうことができていたら、きっと自分は、勉強が、考えることが、好きになっていたに違いない。(と、勉強嫌いを他人のせいにする)
それにしても50年前。安野さんの教えた生徒の保護者の中に、福音館の松居直・現相談役がいらしたとは・・・これはもう、歴史的邂逅としか言いようがない。
感涙。




[PR]
by haruno-urarano | 2018-07-16 18:47 | 日本の絵本 | Comments(0)